ボール犬ドルチェ: つるりとアジリティ

2011年08月08日

ボール犬ドルチェ


今日、川で遊んでいたらドルチェに会った。

ドルチェは以前、里親を探す間、我が家で預かっていた犬です。
(つるりももともと、同じ理由でうちで預かり、そのまま住み着いた。)

ドルちゃんは、昔の飼い主に放置され、最終的にその飼い主は、ドルを置いて引っ越していってしまった、という気の毒な過去を持つにも関わらず、性格の明るい女の子です。

ボール犬ドルチェ1.JPG


おそらく、ブラック・ラブとウィペット(かグレイハウンド)とピットブルと、少しばかりのボーダーコリーが混じったと思われる犬で、とても魅力的だし、頭も性格もよくて、犬にも人にもフレンドリーだし・・・、と、一見、里親が簡単に見つかりそうな感じなんだけど、ドルチェには恐ろしい問題があった。


それは・・・

  
極度のボール中毒。

「ドルチェ」とはイタリア語で、優しいとか甘い、という意味があるんだけど、このドルチェは屋内ではドルチェそのものなのに、外でボールを見ると、全然ドルチェじゃなくなってしまう。

しかも普通のボールなら、一度口に入れたら数秒で粉々に砕いてしまう。
(ピットブルのアゴ筋!)

はるか遠くで投げられているボールでも見つけて、競走馬の様に走って行く。
(グレイハウンドの速さ!)

ボールのためなら人でも犬でもなぎ倒して突進して行く。
(ラブの大雑把さ!)

サッカー場に乱入して子供のサッカーボールを粉々にした事もある がく〜(落胆した顔)
ボールが他の犬の口に入るまでは決して諦めない。
(逆に他の犬がくわえたら、すぐに諦めるんですが。)


この写真 ↓ では、こんなにボールに近づいていたつるりも、後ろからドルチェになぎ倒され、ボール争いに負けた犬
ボール犬ドルチェ2


何しろ必要な運動量がハンパではないので、里親探しも難しくなりそうだなー・・・と思っていたのですが、ドルチェはこれ以上ないというお家にもらわれて行きました。

っていうか、この家じゃないとドルチェは無理だって位にピッタリの飼い主さん。
近所だから、つるりにもいつでも会えるし。

今ではドルチェは、新しいお兄ちゃん犬1匹と、ネコ3匹と暮らし、雨でも雪でも、毎朝牧場で馬と一緒に走り、午後は山や川でボール遊びをして遊ぶ、と言う犬にとっては夢の様な生活を手に入れ、幸せにやってます。


どんな犬でも、きっといいウチが見つかる。
諦めちゃダメなんだよね。
よかったね、ドルちゃん。

ボール犬ドルチェ3.JPG

ボール犬ドルチェ4.JPG


posted by えびし at 09:20| Comment(4) | つるりの友達 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おぉ〜 可愛いじゃないか ドルチェ!
よかったね 良いお家&飼い主さんがっ見つかって。

しかしボール中毒とは・・・遊んでみたい♪

明らかにベッドより大きい体なのに
なんで小さな つるりのベッドに入って横になるのかね?
Posted by Y子 at 2011年08月08日 09:45
ドルちゃんはお行儀がいいから(屋内では)、どんな狭くてもちゃんとベッドで寝るのだ。

ドルちゃんはねー、君が一番好きそうな、ドッカーン、ドカーンっていうタイプの犬かも?
Posted by えびし at 2011年08月08日 11:01
ドルチエ、最高の家族に巡り会えて
良かったねぇ^^ 人間ながら羨ましい(笑)
つるりのベットがこんなに小さく見える
んだから大きいんだろうね^^カナダで
生まれて本当なにより。日本じゃそのパワー
が使い切れないよ。
Posted by JOJO父 at 2011年08月08日 16:59
>JOJO父さん
ウチにある一番大きなベッドを出してあげたんですが、全然入りきってナイですよね。毛布も出してあげたのに、何故かこのベッドが気に入っていた様です。たまに、ネコ用の極小ベッドにも乗ってました。
本当にいい飼い主が見つかってホッとしましたー。
つるりも、「なんならボクが行っても良かった」と思っていたりして・・・。
Posted by えびし at 2011年08月09日 05:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。