アジリティ: つるりとアジリティ

2015年10月13日

チームリレー戦に初出場


前回は、つるりのアジリティ競技会での大失敗を書いたが、今回は名誉挽回編。
つるりだって、毎回毎回大失敗ばかりというワケではなく、たまにはいい結果を残す事もある。
(そーじゃなきゃ、やってらんないわ。)

ここ最近の嬉しい結果は、初出場のチームリレー戦。
チームリレーでは、2匹の犬(&ハンドラー)チームが、リング内に一緒に入り、1匹づつ決められたコースを走るクラス。
チームメイトが走っている間は、それぞれがコース上に描かれた四角いボックスの中で待つ。

チーム戦では、決まった相手が居ない場合は、主催者にランダムに相手を選んでもらう事もできるのだが、ランダムに選ばれた相手がつるりだった時の相手の方の落胆(?)を思うと、とても申し込む気にはなれなかった💦

何しろ浮き沈みが激しいつるり、まれに浮いている所を見た人からはチーム出場のお誘いを受ける事も何度かあったのだが、出場してみたらヤル気ゼロ、はたまた大暴れ、なんて事になったら相手の方に申し訳ないので、出場した事がなかった。

IMG_0007.JPG
チームメイトが真面目にやって、つるりだけ大暴走、とか考えただけでチビリそうだわ。

しかし、先日初めて、考慮してもいい相手からお誘いを受けた。
お相手は、つるりと同じ「言う事聞かない系のテリア」のマイルズ君である。
マイルズ君とつるりは以前から一緒に海で泳いだりしている仲である。
マイルズ君は、つるりと同じ位に浮き沈みが激しい💧
全国大会に出る実力を持ちながら、いざ出てみるとコース上で立ち止まってカキカキしたりして、周囲をハラハラさせるタイプ。

誰かさんとソックリのマイルス氏。
IMG_0059.jpg
そ、そーだよね。ごめん、ごめん。

この2匹が揃って調子がいいなんて事があるのか? という不安はあったものの、まぁ、ダメでもどっちもどっち、と思える相手ではある。
何とも後ろ向きな選考基準。しかし恐らく先方も同じ気持ちであったと思われる。

ルールを教わってみると、2匹合わせて1回のミス(5点減点)までは許されると言う。初級/中級者の参加も考慮して、障害を拒否(通りすぎちゃったり)してもやり直しが可能。
1匹あたり10-12個位の障害でできたコースで、小さな罠はあるものの、非常にシンプルで、中級程度の「普通の犬」なら割と簡単にクリアできる様にできている。

ウチのチームは普通でない犬2匹だが、すでに前のクラスで暴走したあと(💢)だったので、大分落ち着いている❗

つるりはリング内で待たされるとみるみるヤル気が無くなるタイプなので、第一走者にしてもらった所、軽くクリア💓
続くマイルス君もチョイチョイチョイ、と簡単にクリア✨
カナダのトップ10だか20だかに入る犬のいるチームを見事に制して、一等賞ゲット!

teamterrier.jpg
わはははは。
簡単じゃん。(←?)

また次の機会には必ずチームを組んで出場する事を誓って別れた2匹なのでした。
次回もこんな感じで簡単にリボンゲットできたらいいわぁ〜🎵

失敗しても成功しても、気にしてない様子のつるりにクリックを〜
   ↓    ↓
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
にほんブログ村


posted by えびし at 18:31| Comment(6) | アジリティ | 更新情報をチェックする

2015年10月09日

驚異のスコア


2つ目のお尻の穴も無事に塞がり、パンツなしで暮らす、ちょっと寒い今日この頃。
(パンツなしで暮らしてるのは私じゃなくてつるりですよ。念のため。)

今日はつるりのアジリティの躍進ぶりを発表しようと思います。
なんちって。

ブログをサボっている間、アジリティもサボってました🐱
ほぼ2年間💧

と言っても、サボっていたのは競技会だけで、練習は細々と月1〜2回のペースで続けておりました。(細っ!)
競技会へは今年5月から復帰を果たし、その後もちょいちょい出場しています。

未だにアジリティのカッコいい写真は一枚もない。
20150701 PAC-1.jpg
シーソーがバッターンとなる前に大急ぎで逃げてるカンガルー
・・・ではありません。

えー、最近一番笑かしてくれたのは、遠隔操作のクラス。

*********
遠隔操作コースを簡単に説明すると:
前半(40秒程度)と後半(20秒程度)に分かれている。前半はコースの順番が決まっておらず、好きな様に走って必要なポイントを稼いでいく。(障害毎に点数が決まっている。失敗しても、加点されないが失格にはならない。)「ミニ・チャレンジ」みたいな遠隔操作シークエンスが2箇所程設定してあり、チャレンジに成功すればボーナスポイントがもらえる。前半は同じ障害でも2回まで加点される。
前半の設定時間が終わるとブーッとブザーがなるので、後半の「メインギャンブル」(4-6個くらいの障害を組み合わせた遠隔操作シークエンス)に進む。
遠隔操作部分では、地面にテープが貼ってあり、ハンドラーはテープの手前から犬に指示を出す。
前半で十分なポイントを稼ぎ、なおかつ後半のメインギャンブルを成功させる事ができれば晴れて合格💠
前半のポイントと後半のタイムで成績が決まる。
*********

つるりは遠隔操作が大好きなのだが、最近の若い審判(?)が作るコースは、つるりの不得意なスラロームやシーソーが、ハンドラー(私)から離れた方向へ向かう様な凝ったコースが多く、なかなか成功できなくなってしまった。

が、この日の審判は、人の良さそうな農家のオジさんみたいな田舎っぺの方(100%見た目のみで判断💧)。どのクラスもヘンな罠がなく、この遠隔操作クラスも最近では滅多に見ないシンプルさ✨
後半のメインギャンブルも、ジャンプとトンネルのみで構成されていて順番も簡単。
一番遠いトンネルまでは約6m。ちょっと遠いけど、出来る!
これなら絶対出来る🎵

実際のコースマップ。右下の赤い四角が最終ギャンブル(@ーD)
GambleMap.JPG

もうリボンもらったつもりで颯爽とコースに出る私。
私の機嫌に釣られてつるりもノリノリ⤴

コースマップ左下から勢い良く走り出す。
・・・そしてわずか数秒後・・・つるりは、赤丸で記したトンネルを凄い勢いでなんと6往復💦
(トンネルから出たのは6回位だったが、実際はトンネル内でアッチ向いたりコッチ向いたり走り回っていたので、10回位は往復していたかもしれない💥)
怒鳴っても叫んでも凄い勢いでトンネルをグルグル回るおバカ犬。
6回目に出て来た所で前半終了のブザがビビ〜っ。
同じ障害で点数がもらえるのは2回までなので、点数全然足りん💢

何故だ、何故なんだ〜!!!!👊💢
何故わたしをそこまで苦しめる〜??

アヘアヘ2.png
(使い回しのアヘアヘ写真)

愕然としながら後半へ向かうも、つるりはハイのまま。
最後の遠隔操作は@からCまでやったけど、一番簡単なはずのDを大きく避けて、リングの外へ一人で脱走💦
リングを出た所で怖いオバさんに捕獲されたつるりでした。

仮にも上級者コース。周囲はバリバリ本気の犬ばかりの中で、そんな犬にお目にかかる事は滅多にないので、観客席は大喜び😖

ナゼだー!!ナゼなんだぁぁー!

ガックリしていた所に友人が、「つるりが凄いスコアを叩き出した」と言うので見に行くと・・・。
脅威の9点。出場者中の最低スコア。
スコア.JPG
何だか面白くなっちゃって、記念にスコアの写真も撮って、友人達に自慢(?)してたんですけど。

実は、この記事を書きつつ覗いていたブログで、つるりの心の友、モントリオールの鍋コさんちの子達が、もっと凄いことになってた。
鍋コさんちの子達の驚異のスコア
ギョヘー!負けた。
つるりより凄い事になってる。。。

レベルも種目も違う中でのスコアなので、比べられるものではナイのだけど、点数の、見た目のインパクトが。
ゼロって💦
あはははははー!!

鍋コさん、ありがとう✨
笑ってゴメン。
でも気が楽になったわ。
こんな事もあるんですよね。

ちなみにつるりは、この次のクラスでも、同じ様にセッティングされた同じトンネル(下図のC番)をまたもや往復してしまい、失格となった
IMG_1433.JPG
あのトンネルの、何がそんなに嬉しかったんだろうか?
奴を理解しようとするのは全くの無駄だわ。


大分楽しんだ様で、ケロリと帰って来たつるりにクリックをー
     ↓    ↓ 
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
にほんブログ村

posted by えびし at 15:42| Comment(6) | アジリティ | 更新情報をチェックする

2013年06月25日

またも暴走


週末、とても久しぶりにアジリティの競技会に出場した。

結果から言いますと、惨敗もうやだ〜(悲しい顔)
惨敗.JPG
尻がまくれてるよ。

通常、ほんの1カ所の小さなミスでクリーンランを逃して悔しい思いをする事が多いのだが(どの犬もそう)、今回はこれだけ見事に惨敗だと気持ちいいや〜・・・って程の惨敗でしたたらーっ(汗)

つるりだけ別ルール?って感じ。
もう、他の犬とは違う土俵で戦っていた。
あれ?この犬だけ、別の競技やってんの?って感じの惨敗。
もう降参です・・・と、言う程の惨敗具合であった。

ビデオもあるが、有り難い事に(?)ズームを使わずに撮ったらしく、つるりは気が狂ったハエ位の大きさでしかうつっていなかったので、写真ダイジェスト版を載せます。

ワハハ1.png
お母さん、あの犬、どーしてあんなに離れた所を走っているの?
坊や、それはね、あの犬は頭のおかしい大バカ者だからだよ。

わはは2.png
お母さん、どうしてあのハンドラー何もしないで突っ立ってるの?
坊や、それはね、もうどうにもならないからだよ。

しばらく走り回った挙げ句に、観客に向けてΩ(オメガ)を披露猫
その後、御用となり逃げる様にして会場を後にしたのでした。

オメガッ!!
ワハハ3.png
つるりのΩに関しては以下の記事をご参照あれ。
オメガの男
ウンメガッ!


あ〜あ、これ以上の成長は見込めないのであろうか?
暴走が楽しくて仕方がないって様子。

昨年はなんだかんだ言いながらも、結構沢山クリーンランをゲットして、「これは行けるかも?」と期待をしたりもしたのだけど。
年を取るにつれて暴走が激しくなってるじゃんか。

ハエつるりの暴走ビデオ。マニア向けです。
ほとんど見えないし。途中までだし。
Youtubeへ飛びます
(フルスクリーンで見ると、狂ったつるりが見えます。)
きちんとできたのは最初の直線の4障害だけ。
初心者クラスでもこんなに暴走する犬は少ないバッド(下向き矢印)

どーでもいいけど、このビデオ撮ってる人、笑い過ぎむかっ(怒り)

オメガ!のつるりにクリックを〜
    ↓    ↓
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ

 
posted by えびし at 10:14| Comment(11) | アジリティ | 更新情報をチェックする

2013年06月17日

コンタクト障害を思い出せ〜


今日は1ヶ月半ぶり位のアジリティの練習であった。
(これだから上達するハズもない猫

今日から、少し方針を変える事にした。
何のことかと言うと、コンタクト障害。

コンタクト障害は3種類ある。
anag-26f8d.gif
三角お山の「Aフレーム』、ブリッジみたいな「ドッグウォーク」そして、ギッタンバッタンのシーソー。
これらの障害は高さもあるし、犬が飛び降りると危ないので、それぞれの下部の黄色くペイントされた部分を(犬が)踏まないと減点になる。

このコンタクト障害、つるりはハイになると飛び降りまくる。
(ローな時はテケテケと小マタで走るので、きちんと黄色を踏む。)

最後に出た大会では見事にすべてのクラスで、すべてのコンタクトを飛び超えたもうやだ〜(悲しい顔)
まるで「黄色い所は踏んじゃダメ」とでも思っている様であった。
180センチ位あるAフレームのテッペンから真横にビョ〜ンと飛び降りた時には会場がザワついたたらーっ(汗)
このまま好き勝手に走らせておくと大怪我に繋がりかねない。

これは何とかせねば。
わた.JPG
そのワタ出しも何とかしたい。

コンタクト障害のマスター法には2種類ある。
(もっとあるのかも知らないけど、私は2種類しか知らない犬
つるりは、ストライドの長さが丁度良かった事もあり、頭を下げた体制で真っ直ぐに黄色の部分を走り抜ける「ランニング・コンタクト」と言う方法で練習してきた。(本当はもっと大変だが、つるりの基準はユルい。)

しかし、つるりは一旦ハイになると真っ直ぐ走らないし、ストライドは安定しないし、頭なんて、ニワトリの様に高く掲げて走る。
で、高い所から、ムササビの様にバッサーッと飛び降りるあせあせ(飛び散る汗)
今まで、この飛び降りのせいでクリーンラン10個位は逃したと思うバッド(下向き矢印)

なので、基本に戻って、2on 2offを思い出させる事にした。
2on 2off というのは、犬がコンタクト障害を降りて来た際に、前足だけが地面についた段階で一時停止する事。

こんなの。
後ろ足2本がオン(障害の上)、前足2本がオフ(地面)。
コンタクト.jpg
覚えていなかったのは君だむかっ(怒り)

随分前に習った2on 2off。
いきなり号令(『タッチ』)を出されて、戸惑うつるり。
最初の数回は「何だっけ?何だっけ?」って顔で止まるも、ちょっと遅くて気がつけば4オフ。(後ろ足も地面に付いちゃってる。)
が、何度か繰り返すと、おぼろげに(?)思い出した感じ。
ビデオの最後ではちゃんと2オンで止まった手(チョキ)

来週末は3ヶ月ぶり位のアジリティ競技会。
1回の練習でそんな変わるわけないけど。
ちょっと期待が高まったりして。
コンタクト2.jpg
Aフレームでも出来たるんるん

たまには活躍によって注目を浴びたいわぁ〜!


つるりに力を!応援クリック、ヨロチク〜!!
    ↓    ↓
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ

 
posted by えびし at 14:45| Comment(14) | アジリティ | 更新情報をチェックする

2012年10月02日

ヒグマ犬


昨日の記事で、つるりにド突かれてオチッコ漏れそうになった先生。

この日の競技会では、先生は審判をしないクラスでは自分も、走者として愛犬と出場していた。

言っちゃ悪いが、つるりのクラブは、公式戦の審判が教えているワリに、
・・・・非常にユルい。

先生の犬。後から見るとまるでヒグマだが、愛嬌は人一倍ある。
ヒグマ犬1.JPG
この子が、また性格も走り方もふざけた子で。
つるりより、もっとふざけている事も多い。

他の審判達の教えるクラブでは、本気で練習している生徒が多いのだが、つるりのクラブは先生も生徒もユルい。
他の審判達は、全国大会で上位を取ってくる中、ウチの先生んとこは、何となく犬もユルい。

ま、そんなクラブだから、つるりも私も気軽に通えるんだけど。

この日も、いつも通り、声のデッカイ先生がワーワー言う中、楽しげスキップしながら走るヒグマ君かわいい
(先生はヒザが悪いので、自分は走らずに大声で犬に指示を出す。)

普通に走っていても、どこかふざけている。
ヒグマ犬2.JPG

笑われながらも、きれいにクリーンランるんるん
・・・と思った瞬間、最後のジャンプをよけて場外に脱出〜!

先生の呼ぶ大声が場内に響き渡る・・・・どんっ(衝撃)

「うおりゃ〜!!帰って来いぃぃぃ!
今すぐ帰って来なかったら・・・・・剃るぞexclamation×2むかっ(怒り)

あんまり大きな声だから隣のリングの人達まで巻き込んでの大爆笑。
もちろん、私も爆笑していたんだけど。

ふと気付くと、私の周りの人達は、私とつるりの方をチラチラと気にしながら、押さえ気味に笑っていた。

なんか・・・。
すいませんね。皆さんに気を使わせちゃって。
ヒグマ犬3.JPG
ハゲって罪ね。

でも、あんなにデッカいヒグマ君も、毛を剃られたらきっとつるりにみたいになっちゃうに違いない。

と考えていたら気になって、帰りがけにヒグマ君の毛をアチコチ掻き分けて、地肌を見てみたら・・・。


・・・・どこもかしこも真っ青だったたらーっ(汗)

青いハゲ犬。スッゴイだろうな〜。

と想像してニヤニヤしながら帰ってきたつるりにクリックを〜
     ↓    ↓


 
posted by えびし at 18:33| Comment(6) | アジリティ | 更新情報をチェックする

2012年10月01日

膀胱ドッカーン!


週末、懲りずにアジリティの競技会に出かけた。

つるりは、寒い時期に出れる競技会が限られているので、今のうちに出せるものは出して、少しでもクリーンランを稼ごうと思って。

今回は、またしてもつるりのクラブのコーチが審判を勤めていた。。
前回、ヘンな事をして、危うくコーチの審判生命を縮める所だったつるり。
(その時の記事→「先生を道連れに」)

出場前から、先生に「アンタ、真面目に走らなかったら許さんよ。」とクギを刺されていたつるり犬

結果から言うと、3クラスに出場して、2クラスでクリーンラン!
2個もらったよ〜。ヒャッホーイkaeru10.gif  ・・・・アレ?・・・寝てんの?
取ったよ.JPG
(早起きだったけど、昼過ぎには終わって、この後ゆっくりお昼寝した。)

最初の2クラスは、先生に言われた通りに真面目に走ってくれたつるりだが、最後のクラスでは、外で大きな音がしてキョロキョロした目

で、その際に、先生(審判)と目が合ったらしい。
先生は慌てて目をそらしたものの手遅れであったバッド(下向き矢印)

「あ!先生だ!」と喜んで、先生のお腹にドッカーンと得意のド突きどんっ(衝撃)

先生がプイ、と横を向いて知らんフリをしたので、「あれ〜?ヘンなの〜」って感じで、すぐにコースに戻ったが、やはり途中で気が反れて、コースのワナに見事にハマってドボン。
あ〜あむかっ(怒り) 捻挫痛いのを押して走ったのに〜。

とにかくおリボン2個もらってイソイソと帰り支度をしていたら・・・
「コラッ、つるり!」という、恐ろしい先生の声で呼び止められた。
(先生、凄く声がデカい。)

先生は審判している最中、オチッコをガマンしていたのだそうだ。
なのに、つるりに膀胱をド突かれて、あやうくチビる所だったとかたらーっ(汗)

取ったよ2.JPG
え〜、人間が漏らしても失格なのかな?審判でも?

プイっと横を向いて固まったのは、「非常に危険な状態を切り抜ける為に、全身の神経を膀胱の筋肉に集中させていたため。」だそうである。

数々の愚行にも、辛抱強く教えてくれる先生への恩をアダで返すつるり。
「飼い犬に手を噛まれる」・・・ならぬ、
「教え子に膀胱を突かれる」。

最近は競技会でも怖がる事もほとんどなくなり喜んでいたんだけど。
今度、先生が審判している大会に出たら、トドメを刺してしまいそうで怖い・・・。

最近ちょっと楽しみすぎなつるりにクリックを〜
      ↓   ↓

それでも、徐々にクリーンランが貯まってきた。
もしや、年内に新タイトルをゲット?出来るかな?
・・・いや、無理だろうなぁ〜。

 
posted by えびし at 14:20| Comment(15) | アジリティ | 更新情報をチェックする

2012年09月13日

ゆっくりクリーンラン

star01.gifstar01.gif
協力求む!!福岡県大宰府付近で迷い犬が保護されました。
このブログにもいつもコメント頂いているTAKAさんの近所で迷い犬が見つかりました。とっても利発そうな目をした、カワイイ中型犬です。
長い間、迷ってたのかも?
写真・詳細は
TAKAさんのブログの、「助けて下さい!!」にて。
心当たりのある方、または飼い主/里親が見つかるまで一時預かり出来る方、TAKAさんのブログのコメント欄まで・・・。時間がないです・・・。
star01.gifstar01.gif


先週末はアジリティの競技会に出るため、早起きして車を1時間もブッ飛ばして遠くの開催まで行った。

5時半起き・・・のはずが案の定寝坊して、最初のクラスを逃しちゃったあせあせ(飛び散る汗)
・・・まあ私の寝坊は常に想定内って事でたらーっ(汗)
犬にしても馬にしても、こういう競技会ってなんでこんなに朝早いの?
田舎の方で開催するのに、朝7時集合とかやめて欲しいわ〜。
せっかくの週末だってにのにさぁ〜。腹立つ〜むかっ(怒り)

ゆっくりクリーンラン.JPG
ダマらっしゃい!

で、今回なぜそんな遠くまで足を延ばしたかと言うと、室内で冬場は暖房が効く会場だと聞いたから猫
(もっと言えば、ちゃんとした人間用のおトイレもあるし。)
偵察を兼ねての参加であった。

遠いという欠点を除けばとてもよい感じの会場であった。
ただ、、今回はすぐお隣で、でっかいノミの市が開催されており、外の人通りが非常に多かった事、そして午前中あちこちのドアを開放してあったので、犬達には集中しづらかった模様。

集中できない犬の代表。
ゆっくりクリーンラン1.JPG

最初のクラス・・・、勢いがいいのは最初だけ。
途中で外が気になって、フワフワ〜っとコースアウト。
2つ目のクラス・・・途中で、ドアの外にカブリ付き状態で見学する犬連れのオッサン(ノミの市に来たらしい)に挨拶しに行きコースアウト・・・。

オッサンよ、もっと柵から離れて見学しろパンチ(←他人のせいにする私。)

今日は(今日も?)ダメだ。最後のクラスはや〜めた〜。・・・と思ったが、オジサンは去ったし、次のクラスは参加者が少なく早く進みそうなので居残った。

最後のクラスはジャンパークラス。ジャンプやトンネルばかりで簡単なコースなのだが、タイム制限がキツく設定されているスピード競技である。

周囲の人は皆、「足の速いつるりが一番得意なコース」、と勘違いしている様だが、実はそうでもない。
つるりはスピードとコントロールの両立が出来ないaicon364.gif
これは、アジリティ犬として致命的な欠陥と言っても良いたらーっ(汗)
そんなんで、良くアジリティやってるな・・・という気もする。

火が付いたロケット花火状態。一度飛び出すと方向修正は不能〜。
かろうじて尻尾で舵を取っている。
ゆっくりクリーンラン2.JPG
どっちの方向に行ってもOKなレースなら強そうなんだけどねぇ。
そんなレース、あるワケないよねぇ。

そんな感じなので、ジャンプとトンネルが続くこの競技ではどんどんスピードが加速して、失敗〜バッド(下向き矢印)となる事が多い。
しかも、この日のコースは特にワナが連続していて、全然ダメそうな予感。

ま、この会場に慣れてもらえばいいか。次回がんばろう・・・。
そう思って、丁寧に走った所、タイムギリギリでクリーンラン手(チョキ)

一生懸命走った人(と犬)は、続々とワナにひっかかりほぼ全滅。
気付いたら、1等賞〜。棚ボタ〜るんるん

おリボン増えた〜ぴかぴか(新しい)
ゆっくりクリーンラン3.JPG
こんな事があるから、アジリティやめられない。

今回タイムはギリギリだったのだけど、今まで失敗が多かったのは私が急ぎすぎていたせいもあるのかな??
練習では、タイム関係なしでのんびり走って、失敗少ないんだから。
これから、もう少しゆっくり丁寧に走らせる様にしてみようかなぁ?

秋は競技会が多い。
いくつか出場して色々試してみようかな、と思う私である。
・・・また早起きかぁ〜b-gaaan.gif

初めての会場でも、ほとんど怖がらなかったつるりにクリックを〜
    ↓   ↓

まだ自分ちの前の通りは怖い様で、なかなかチッコ出ないけどあせあせ(飛び散る汗)

 
posted by えびし at 15:17| Comment(10) | アジリティ | 更新情報をチェックする

2012年08月01日

先生を道連れに


週末、海へ行った記事を書いた際に触れずにいたが、実はこの日の早朝、アジリティの競技会出場した。
書かなかったのは、あまりに恥ずかしい結果だったからダッシュ(走り出すさま)

明日からアジリティのカナダ全国大会が始まる。(今年は近所。)
なので、先週末に上級者のみの「全国大会前の練習試合」として、強豪たちがワンサカ集まり、最後の練習がてらに走ったのだ。コースもいつもより難しい。

言うまでもナイが、つるりには全国大会など、全〜然関係ないんだけど。
早朝に(オマケで)少し簡単なクラスが3クラス用意されていたのだが、この3クラスの審判が、つるりのアジ教室の先生。
「あんまり出場者が少ないと面白くないから出ろ。」と指令が下りた。
頭数が少ないし待ち時間が少ないくていいかも、と朝5時に起きて出場。

しかし惨敗に次ぐ惨敗バッド(下向き矢印)わーん!

会場外の練習場所では、妙にやる気がなかったのに。
先生道連れ3.JPG
会場に入ったら、何故か超ハイテンションに・・・。

最初の2クラスでは、気が触れた様に凄いスピードで好き勝手に走り回り、激しくハジをかかせてくれた。
普段は、「惜しぃ〜」という小さなミス1つで失敗する事が多いのだが、今回は(前回もだが)100%の惨敗。

最後のクラスは遠隔操作。1つ位はクリーンラン取って帰りたい。
この所練習していたし、余裕で出来そうなコースだったのだが・・・。
1つのトンネル内で行ったり来たり走り回って出てこない。
異常に小回りの利く器用な走りが憎いむかっ(怒り)

このクラスでは遠隔操作に成功したか否かで加点方法が変わるのだが・・・。
先生(審判)大混乱どんっ(衝撃)

トンネルからダダーッと出て来る瞬間に「10点!」と叫んだのに、つるり顔出しただけでUターンして逆走!反対側で前足を出してしまったので失敗。ってことは0点。いや待てよ、その前にやったアレとアレを合計すると4点か?
・・・と思ってたら、またトンネルに入ってアッチから顔出してはUターン、コッチから顔出してはUターンを繰り返したつるりに、何だかわからなくなったらしい。
(先生曰く、「3秒位の間にトンネルから5回顔が見えた」とか。)

で、先生の頭がまだ大混乱している最中に、私とつるりは再度同じシークエンスに挑戦!
そして2度目も、つるりはアッチコッチと顔を出してはUターンした上に、やっと出てきたと思ったら、先生に突進してプレイバウあせあせ(飛び散る汗)

先生道連れ2.JPG
先生の脳みそ、ドッカーン爆弾

先生は、もう何が何だかわからなくなり、バッタリ倒れそうだったそうだ。
が、幸いにも(?)後半に大失敗したので、どっち道失格。

私は、つるりをトンネルから出すのに必死でそんな事は気付かず。
走り終わったら、つるりを抱いて転げる様に会場を後にしたのだが。

夜、先生から電話がかかってきて、先生の苦労を知ったのであった。

私とつるりが去っても、動揺した先生の脳からは、つるりの不可解な動きが消えず、次の走者の採点も何が何だかわからくなる所だったらしいたらーっ(汗)

先生は、あやうく審判のキャリアに傷を付ける所だった、と怒っていた。
つるりのせいで、これから遠隔操作の審判に自信がもてなくなったとか。
そんなこと言われてもさぁ〜。

この所、出る試合、ことごとく失敗だわ〜。
段々、ダメな犬になっていく気がして末恐ろしいたらーっ(汗)

落ちる時は、先生も道連れにするつるりにクリックを〜
   ↓   ↓


 
posted by えびし at 17:35| Comment(8) | アジリティ | 更新情報をチェックする

2012年07月26日

焼かれた犬


凄いタイトルになっちゃいましたが。

先日のアジリティの競技会で、某ミニ犬種の愛好家のオバサンが居た。
このオバサンは、毎週の様に競技会に数匹の犬を出場しさせている。

唯一出場しない犬はオバさんが常にダッコしてるXXちゃん。名前忘れたたらーっ(汗)
XXちゃんは、シェルター出身なのだが、どうやら子犬の頃に虐待されて、焼き殺されかけた過去があるとか。
(今は毛もちゃんときれいに生えて健康そうに見える。)

焼き犬.JPG
ホントだねぇ。所で君、尻尾がカメレオンみたいだよ。

XXちゃんは、この辺のアジリティする人の間では結構有名である。
何故なら、このオバちゃん、XXちゃんの焼かれ話をするのが大好きだからたらーっ(汗)
オバさんに一度捕まると、離してもらえない犬

私は何も知らずに昨年、ダッコされたXXちゃんを見て「カワイイ子ですね〜。」と声をかけてしまった。
このイノセントなお世辞で、自ら地雷を踏んだワケだ・・・・aicon364.gif爆弾


焼き犬4.JPG
すいませんあせあせ(飛び散る汗)でもコレ、昔からの性格で。つい一言声かけちゃうんだ〜。

オバさんの話が白熱すると、面倒くさくなった私(←冷酷人間・・・)は、「今は元気になって、良かったね〜。」と脱出を試みるが、オバさんは止まらん・・・。

人間にはとても懐こいXXちゃん。大きな犬が近くに来ると緊張する様で、その度にオバさんが抱き上げて「可哀想に。大丈夫よ。」って話しかけている。
「そんな酷い飼い主の元にいたのだから、あんな事もこんな事もされたに違いない!」 「虐待されたせいで、この子は未だに、XXXで、XXXで・・・。だから他の犬よりデリケートに扱ってあげないと!」・・・とオバさんの話は続く。

はぁ、そうですか・・・。 ・・・いや、そうか?

シェルターから来た犬は、どんな状況でそこに辿り着いたか把握するのが難しい事も多いだろうし、本当に酷い目にあって生き延びた犬も多いと思う。

でも、その辛い過去を忘れさせてやるのが、飼い主の役目じゃナイの?
なのに、勝手な想像で更にXXちゃんを「可哀想な子」 にしちゃうのか?
大体、一言目に「この子は焼かれたレスキュー。」って紹介するなパンチ

オバさんは、同情されて賞賛されて褒められて嬉しいかもしれんけど、犬の方は同情ばっかりされて生きていくのは不幸だよ〜。
ってか、幸せになれるもんもなれんワイむかっ(怒り)

焼き犬3.JPG
便乗して調子に乗るなよ〜。

シェルターからXXちゃんを引き取ったオバちゃんは賞賛に値する、優しい善意の人なのは間違いないんだけど。
XXちゃんは1歳の時にオバさんの元へ来て、現在6歳。
ウチに来た時期も、現在の年齢もつるりと大体同じだ。

何より「可哀想な保護犬」というステータスは一刻も早く捨てさせてあげて、リハビリをしてあげて欲しいわ。
だってその子は、もう可哀想な保護犬ではなくて、幸せになれる環境を手に入れた、ラッキーな子なんだから。

仮にも、オバさんはアジリテイで犬の訓練を実践している人。
自分の感情より、犬の健全な状態を優先するべきな事は知ってるだろうに。

つるりも、前の飼い主さんに「もぉ要らん」って言われた犬。
病的な恐怖症の様な症状があったので、「一体何があったの?」と憶測する事もある。
でも、それは過去の事。

焼き犬1.JPG
その通り!鋼鉄のハートなのだ!

確かにね、過去の経験の影響で、何かに反応する事もあるでしょう。
でも1〜2年飼っても直らない部分は、もう過去の責任ではなく、飼い主である私の責任。でなきゃ、つるりが生まれもっての性分だと思っている。

レスキューされた犬にとっては、飼い主は過去の事なんて知らない方が有難い事なのかもしれない。
どんな犬でも、新しい家に来て数日から数週間は不安なのは当たり前。
ご飯を食べなかったり、下痢したり、震えるのも当たり前。

そこで、「ああ、可哀想に!虐待されてたから、怖がってる!」と気の毒がる飼い主と、「大丈夫だよ。これから幸せになろうね。」と前向きな言葉をかけてくれる、飼い主。どちらが犬に安心感を与えられるか・・・客観的に考えれば一目瞭然なんだけど。

「保護犬だったこのコ、こんなに元気になったよ!」と言える事を目指してその犬の出来る範囲内で、少しでも良くなる努力をして欲しいわ。

なーんて、XXちゃんをダッコするオバさん見る度に思うのであった。

別の意味で気の毒な犬、つるりにクリックを〜
    ↓   ↓


 
posted by えびし at 17:02| Comment(14) | アジリティ | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

ピクニック競技会


週末はつるりのアジリティの競技会であった。

今回は同じビルに住むアジリティ狂の方が主催者だったので、義理もありたらーっ(汗)
土曜と日曜の2日間、それぞれ朝の1クラスだけ出場してきた。

初日は朝から青空〜晴れ
出場したのは、先日より練習していたギャンブラー(遠隔操作)!
この所行き詰まっているので、点数にはならないが1つレベルを下げて、簡単めのコースで気軽に遊ぶつもりだったのだが・・・。

思った以上の遊びになってしまった。まるで、ピクニック状態。

後ろで立ち尽くす私。 ↓コレ、本番中あせあせ(飛び散る汗) 初心者かむかっ(怒り)
ツラい競技会1.jpg

いつもクッキーくれる友人が遊びに来て、リング脇でビデオを撮っていたため、つるりは何度もこの友人の元へ脱走してしまい、全然ダメであったたらーっ(汗)
(オバサンではないので、クッキーガールね。)

2度目の挑戦。やっぱりダメ〜。
ツラい競技会2.jpg

かなり慌てたらしいクッキーガールの撮ったビデオには、グラグラと揺れ、つるりは殆ど映っていなかった。
恐らく、目を合わさない様に顔を背けていたと思われる。0093_20111017181010.gif

2度も脱走したから時間切れで、ブザーが鳴り、最後の遠隔操作へ。
クッキーガールの目の前だったせいか、つるりもココだけは出来た。

ブザーの後はきちんと撮れた。15秒くらいだけど。

こんな簡単なコース走ったのに、前半のポイント全然足りずバッド(下向き矢印)
最近、毎回楽しく走るけど、全然本気になってくれないなぁ。赤ちゃん返り?

しかし日差しが強い!紫外線は日本に比べて4倍とも5倍とも言われるつるり地方。気温は23度位なのだが、日陰が少ないグラウンドは暑い!

お友達の黒犬ミアちゃんは、クールジャケット濡らして、タライで水浴び。
ツラい競技会3.jpg

ちなみに翌日(2日目)は、朝から雷雨雷の極寒たらーっ(汗)
私はショートパンツにジャケット2枚というヘンな格好でブルブル。雨も雷も嫌いなつるりにとっては、前日とうって変わって苦行の様な状態であった。

1クラスづつにしておいて良かった〜、と思ってるつるりにクリックを〜
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
暑いのダメ、雨もダメ、寒いの(裸だと)ダメ、雷ダメ、サッカーボールだめ、タコダメ、テントが風でバサバサしてもダメ・・・。注文、多過ぎ!

 
posted by えびし at 17:50| Comment(7) | アジリティ | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。