つるりの友達: つるりとアジリティ

2015年10月16日

つるり族、大集結!


先日のアジリティの大会で、知り合いが、「会場内につるりがあと2匹いるぞ」と漠然とした分かりづらい情報をくれた😞

今まで、チャイニーズクレステット( 伝説のジェットくん)や、メキシカンヘアレス犬はたまに見かけるものの、本物のつるり族にあったのは、3年前のヨーダだけであった。
きっと今回も違うだろうと思いつつ、探してみた。

グルグルグルグル歩き回ったら、居た〜✨

微妙に違う感じがしたのだがオーナーさんに話を聞いた所、正真正銘のつるり族であった。
顔の輪郭とか、体型、サイズ、尻尾の感じとか、血筋によって微妙に違うんだとか。

出会った2匹は、とてもお洒落な市販のシャツを着ていたのだが。。。
つるりは、お尻の抜糸が終わったばかりだったし、会場内の待ち時間は、ほとんどクレート内で寝ているため、素っ裸に私の手作りパンツ履いてたpig01.gif
あれを履かせたまま紹介してしまったのは私の一生の不覚であった。⤵

裸になって記念撮影〜!カアイイ
image.jpg
つるりより小型でプリンっとした体型。顔はつるりより短くてちょっとチワワ風。尻尾もつるりみたいにダルーンと長くなく、短くてキュンっとしている。全体的につるりより利発な印象か?

お互いハゲ族とわかるのか、すぐに尻尾フリフリ3匹で仲良くしていた。
2匹とも、アジリティの練習を初めたばかりなので、今回は大会を見に来たのだとか。
こりゃ、いい所を見せなきゃ、と思ったクラスではつるりは可もなく不可もなく、と言う感じで、一応ギリギリのクリーンランstar.gif
何とか先輩としての面目は保つ事が出来た。
(大恥かかないで良かった!)

もっとゆっくり話したかったのだが、私も友人多数と来ていて、競技会もバタバタと忙しかったため、バババーと裸にして写真を撮る時間しかなかったのだけど、これからまたアジリティで会う機会があるでしょう。
今度はもっとお話ができるといいな。

image.jpg

つるりはこの界隈のアジリティ界では案外知られている。
(ハゲなアホ犬として有名)
b-gaaan.gif
そのため、この日は、会う人会う人に「あの二匹よりつるりの方がずっと見た目がいいね」なんて声をかけてもらったんだけど。(←気持ちは嬉しいけど、口の悪い人達ね💧)

犬って、見慣れた犬が一番カワイイ顔に見えるもの。(子供と同じ。)
よく見る顔が、「標準」になっちゃうから、知ってる犬の顔がダントツ可愛く見えるだけだと思うのよ。
だから、きっとあの2匹の飼い主さんも、帰り際には、「うちの子の方がずっと可愛いね。何?あのつるりの間延びしたアホ面!」って大笑いしたに違いない0093_20111017181010.gif

なぜ、私がそんなに冷めた事を言うのかと言うと・・・。
だって、初めてつるりを見た時、「ギョエー!化け物〜」て思ったんだもん💦

photo.JPG
それが今では、こんな宇宙人みたいな写真でも普通に思える様になったからaicon364.gif
つるりが普通になってきたワケではなくて、私の目が慣れて来ただけなのよね。

自分は普通と思っているらしいつるりにクリックを〜
    ↓    ↓
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
posted by えびし at 02:39| Comment(10) | つるりの友達 | 更新情報をチェックする

2013年02月01日

お呼ばれ詐欺〜


年末につるりがこんな事を言い出した。

お呼ばれ.JPG

って事で、特に必要もないのに、図々しく、セージ一家に何度か預かって頂いた。(セージ&梅さんのブログ→「sage in vandeland」。)


一回目は昨年末、仕事中に預かってもらった所、セージともペロペロ・ガブガブ、そしてマタギ合いをするまでの関係になった様だ。
(以下、写真はすべて梅さんに提供頂いたもの。)

実際の所セージがどう思っているかは微妙な所だがたらーっ(汗)
多分、こんな心境か?
a征服0.JPG
つるりはお構いなし。

つるりを預かって頂いたお礼に、日本のドラマのDVDを梅さんに貸してあるよ〜、って話した所・・・・。
気を使う梅さんは、「朝からつるりを預かってやるから、えびしさんの仕事が終わったら夕飯を食べにおいで」と夢の様な誘い(?)を頂いてしまった。

たかがドラマのDVD貸すだけで、こんな計らい・・・。
なんだか悪いわ〜、と口では言ってはみたが・・・もちろん即OKしたあせあせ(飛び散る汗) 
つるりは朝から、私は仕事の後に夕食にお邪魔する事になった。

セージとつるりの、高低差マタぎマタがれも面白いが・・・。
(いや、セージは一方的にマタがれるだけでマタがないけど。)

つるりの奴、ドサクサに紛れてセージのパパまでマタイでいた犬
a征服.JPG


マタイだ上に、オンブまで猫
a征服1.JPG

で、そんな風につるりがバタバタしている間、私は出して頂いた美味しい食事を、バクバク食べた。
梅さんもお料理上手だけど、つるりのお世話役に指名されたらしいい、優しい旦那様もお料理が上手で、全部美味しかった〜。

美味しい夕食ご馳走になって、つるりは1日中遊んでもらって、最高〜!
いい気分で鼻歌歌いながら帰宅したんだけど・・・。

当初の目的であった、貸すはずのDVDを忘れてたがく〜(落胆した顔)
これじゃ食い逃げ詐欺だわ・・・・。

梅さん、旦那様、セージ、許して下され。
a征服2.JPG


結局、梅さん一家にとっては、無駄な接待(?)だったわけだが・・・。

救いは、セージとつるりがちょっとラブラブっぽくなってきている所。
ロマンスかぁ?
バレンタインに愛の告白かぁ〜?
自分にまったく関係のないバレンタイン・・・・。
せめてつるりに期待を寄せてみる私です。

恋に浮かれる(いや、いつも浮かれ気味)のつるりにクリックを〜
   ↓      ↓


 
posted by えびし at 21:34| Comment(9) | つるりの友達 | 更新情報をチェックする

2012年12月06日

ジェントル・ジャイアント


チビ助は、犬が苦手の様だ。

小さくて大人しい犬には自分から近づく事もあるが、大きな犬が挨拶にくるとドギマギしたり、グイグイされるとアッチを向きながら、「ウウ〜」って唸ったりもしている。

しかし、つるりがヨソの犬と遊んでいると、離れた所で見つめながら、1人でちょっと足でステップを踏んだりフェイントかけたりしている犬
大きいやつ.JPG
悲しい奴め。

そんな根暗なチビ助だが、たまにつるりと他の犬の輪に近づいてチョロチョロ走ったりして、何となく遊ぶ様な雰囲気になっている事もある。(雰囲気だけ。)

そして、今日のお相手はこちらの、遊びたくて仕方がないお方。
大きいやつ1.JPG
デカっ。馬の血が混じってんじゃないか?

良く見かけるこの子、顔はショボイが(←失礼ね)、背だけは他のグレートデンと比べてもズバ抜けて高い。

つるりはたまに一緒に走って遊んでもらう。
高低差を気にせずにマウントしようとして、全然届かないのに後ろをピョコピョコ飛んで歩いたりした事もある猫
そんなつるりに、怒りもせず付き合ってくれる、優しくて懐っこい子である。

このジェントル・ジャイアントに興味津々のチビ助。
大きいやつ2.JPG
最初はビクビク・・・・

この後、チビ助はジャイアンを気に入った様で、お腹の下をトンネルみたいにくぐって、行ったり来たりして遊んでいた。

とっても楽しそうなつるりとチビ助だったが、グレートデン君は、腹の下を通る小さい奴らに気を使って、じーっとしてたので、ちっとも楽しくなさそうでちょっと気の毒だったバッド(下向き矢印)
元気に走るのが好きな子なのに〜。

飼い主さんの話では、こんなに優しくて気の良い子なのに、この大きさにビックリした小型犬にギャンギャン吠えられたり、ビックリした飼い主に「アッチ行け」と言われたりする事も多いとか。

可哀想にねぇ。
2匹よ、今度はブリッジ役じゃなくて、ちゃんと相手して遊んでやって〜。

チビ助につられて、くぐりまくったつるりにクリックを〜
    ↓     ↓


 
posted by えびし at 16:41| Comment(7) | つるりの友達 | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

チビ助の残念


更新が遅れましたが・・・今日も話題はチビ助。

すでに我が家にも慣れて、我が物顔でオモチャ箱に顔を突っ込んで、色々破壊してくれている。
私にも慣れた様で、呼べば耳をヘコヘコさせて走ってくる。

つるりとは2人とも大きく口を開いてハウハウやって、オモチャを取り合って遊んでは、バタンキュー。

電池の大きさが同じらしい手(チョキ)
残念チビ助4.JPG
なかなか充電が切れない相手だと、つるりは疲れてしまうので丁度良い。

性格も良い感じのチビ助だが、いくつかの重大な「残念」がある・・・。
今日は、この「残念」を紹介〜。

1.耳
大きな耳は、チビの顔の一番最初に目に付く所。
その耳が・・・誰かにカジられた様で、ギザギザ犬先っちょ切れてるし。

極めつけは、この刺青がく〜(落胆した顔)
残念チビ助2.JPG

獣医さんよ、こんな目立つ立ち耳(しかも毛少ない)の子は内腿とかに刺青入れてやって下さい。
成長したら毛が生えて隠れるのかなぁ?


2.目
写真を何枚撮っても白目を剥いている様な顔で写るんで、この子は呪われているのか?と思った。
途中から、薄い緑色の目の色が光を反射しちゃうのか、と納得していた。

典型例: 呪われた白目犬。
残念チビ助3.JPG
つるりまで、つられている?

が・・・良〜く見てたら、目の色のせいもあるんだけど・・・。
この子、ロンパリ(ガチャ目)?(差別用語?だったらすいません。)
両目とも、微妙に外側向いてるわ。黒目ガチ、の反対で白目ガチたらーっ(汗)

2匹共ヘンな顔で写られると、ブログにも使う気なくなるわあせあせ(飛び散る汗)


3.尻尾
尻尾が断尾されているのが、私的には非常に非常に残念。
ラットテリアは断尾される犬が多い様だが、喜んだ時にバタバタ動く尻尾が大好きな私としては、地団駄踏む程に残念。

犬の体で一番表情が豊かな所なのにさ〜。
残念チビ助5.JPG
つるりの長い尾に慣れてるせいで、余計に「ナイ!」感が大きいのかも。

尻尾は犬同士のコミュニケーションにも重要だし、走る時、泳ぐ時にバランスを取る役目もある。
つるりが超高速ターンが得意なのも長い尻尾のおかげ。

チビ助は断尾に失敗されたんだか何だか・・・、突然大きな声でキャイン!と泣いて飛び上がる事があるkao05.gif
獣医の話では、「幻肢痛」だそうで、人間でも四肢を切断した後にも、ナイはずの手足に痛みを感じてしまう、というアレである。
効果的な治療法はナイそうで、現在マッサージで対処している。

犬の断尾でも、そんな事があるなんて思いもしなかったが、考えてみれば麻酔もなしでブチッってやられちゃうんだろうから、そりゃ色々な問題が出る犬も多いだろう。

ヨーロッパではすでに断尾を禁止している国も多い様だが、北米でも一刻も早く禁止にして欲しい!ヒドイ話だわよ、まったく。
今まで断尾の事なんて考えた事なかったけど。
実際にこんな後遺症を抱える子が身近に居ると、許せん!

と、色々残念な事が多いチビ助・・・。
名前は残念のネンジてのはどうでしょう?(小林稔侍のネンジ。)
ダメ?

何なら、つるりも改名して、「ザン助」&「ネン侍」ってのもありか?

残念第一号のつるりにクリックを〜
    ↓   ↓

するってぇと、チビ助は「二号」か?
ネンジよりは「二号」の方がマシ?
いや、イレズミの「ズミちゃん」とか?

 
posted by えびし at 16:18| Comment(14) | つるりの友達 | 更新情報をチェックする

2012年10月15日

チビ助戻る


一時預かりのチビ助が戻ってきた!
(前回のチビ助の記事→「弟、誕生?」)

週末の里親探しイベントで、人懐っこい女の子の方はいくつかの里親候補が見つかったらしい。
・・・がコチラ、チビ助の方は、希望者はあったものの、レスキュー団体の人の話では、「あまり良いマッチではなかった」とか。
シャイな子なので、里親も慎重に選んであげているみたい。

シャイとは言っても、オモチャとお菓子の誘惑には勝てない猫
チビ助1.JPG
つるりより数キロ軽いだけだが、つるりよりグンと小型犬感が大きい。

今回は緊張が大分減り、つるりにも大分慣れ、誘われれば遊んでいる手(チョキ)
つるりがオファーするオモチャは全て受け入れて、夢中で遊ぶ。
2匹で並んでオモチャをカジカジしたり引っ張り合ったり。

つるりは、相手がシャイなのを察してレスリングも控えている様で、ドッタンバッタンの大騒ぎにならないのは私も有り難い。

共同作業犬オモチャ破壊で忙しい。
チビ助2.JPG

食事やオモチャも、つるりと仲良く分け合える、とても性格の良い子であるかわいい

1歳近い(生後10ヶ月)にしては、お座りとフセを何となく知っている感じ・・・という状態だが、お菓子大好きだし、名前を呼ぶとアイコンタクトだけはしっかり出来る。
ちょいと遅いスタートではあるが、こんな感じなら、ベーシックなコマンドは数日で覚えそうな予感。
人間への警戒心は、時間をかければ消えそうな程度だし、この子の将来は明るいと見た!

現時点での問題は・・・車酔い。
吐きはしないが、凄い量のヨダレが・・・。
車酔いする子犬は多いが、1歳近くなっても酔うのは、一生ものって事か?
クレート有り無し、窓開け、絶食、車内で食餌・・・等、色々試している。

しかし。短時間の移動でも、私の洋服も車のシートもビチョビチョどんっ(衝撃)
そして、つるりの頭もビショビショもうやだ〜(悲しい顔)

次第に慣れてくれたら有り難いのだけど。

つるりからのお願い: 「どなたか対策知ってたら教えてぇ〜」
    ↓    ↓


*チビ助、名前はあるのですが、レスキュー団体の方にブログの事は言っていなので(どうせ読めないけど)、とりあえず「チビ助」にしてます。
近いうちに、良いハンドル名を付けてやろうと思いま〜す。

 
posted by えびし at 14:17| Comment(20) | つるりの友達 | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

弟、誕生?


実は最近、隠し子が出来た。(別に隠していたワケじゃないけど。)

里親探し中の2匹のラットテリア(らしい犬)達の内、1匹だけ一時預かりしている。毛色や目の色がラットテリアの基準ではナイ様だが、まず間違いなくラットテリアらしい。

左が女の子、右が男の子。
弟分.JPG
女の子(茶色)の方は、つるりにソックリ。

この犬種、アメリカには多いが、カナダではあまり見かけない。
どうしてコッチの方で里親を探すハメになったんだろ〜?

女の子の方は、元気一杯で懐っこいので、すぐにでも里親を見つけそうな予感だが、男の子の方はオドオドして、人間にも犬にも興味がナイ感じ?

で、その問題ありそうな男の子の方を預かる事になったたらーっ(汗)ううっ。

シラ〜ッ。
おとーと1.JPG
まぁまぁ。その内遊べる様になるよ。多分。

触るとビクッと飛び上がるが、どこかのハゲた誰かさんの様に震えたりカチカチになったりする程ではない。

この数日この兄妹達は里親探しで、色んな里親探しイベントに出かけたりして忙しい。
あんまり忙しそうなので、本日一度レスキュー団体の方の家に帰した。
だって慣れない家に来たばかりなのに、毎日バタバタして気の毒なんだもん。

で、イベントでよい里親が見つからなかったら、週末に再度やって来て、そこからはゆっくり預かる事になる。
ちょっと気の弱そうな犬だから、イベント参加は気の毒な気もするけど、そこで良いお家が見つかればいいんだから、ガマンしてもらいましょ〜。

女の子の方は、キビキビして愛嬌のあるシッカリ者なんだけど。
おとーと3.JPG
顔はつるりに似てるけど、人に会うと、ちゃんと自分を売り込める。


男の子の方は・・・なんかショボいわねぇ。シャンとしろ、シャンと。
おとーと2.JPG
なんか、誰かさんを彷彿させる子だわねぇ。


良いお家が見つかるといいけど。でもまた会いたいし。
複雑な気分〜。

戻って来たら、またゆっくり紹介します〜。

どうでもいいから遊んで欲しいつるりにクリックを〜
     ↓   ↓


 
posted by えびし at 14:57| Comment(19) | つるりの友達 | 更新情報をチェックする

2012年10月09日

ミアちゃん月間


カナダでは今週末は感謝祭の連休。
昨日は、感謝祭ディナーの前に、G.シェパードのキャリーちゃんと、ピットブルのミアちゃんと森を歩いた。

ビーチで集合〜。
ミアの苦悩.JPG
ミアとキャリーはどちらも本来ドミナントな性格のエネルギッシュな女子達。
ビーチとフィールドで走らせて、緊張感を取り除いてからから森へ出発〜!

丁度、昨日あがさんのブログ(→「SMILES@LA」)で知ったのだが、10月はピットブル認知月間らしい。
なので、今日はミアちゃん主役で。

ミアちゃんはデッカくて強いピットブル。
真っ黒だし、野太い声でワンワン吠えるので、周囲を怯えさせる事も多いが、基本はとても遊びたがりの女の子である。

ミアの苦悩1.JPG
アゴは確かに強そうだわねぇ。

2歳の時に、シェルターから今の飼い主さんが引き取った時は、非常にキケンな犬だった。
飼い主さん曰く、ミアのアグレッシブさは、恐怖から来ているのではなく、「ただマジで攻撃的」なのだそうだたらーっ(汗)

まるで冗談の様に聞こえるが、この見極めは非常に大事だと思う。
恐怖、不安や警戒からくる攻撃性と、支配欲や怒りからくる攻撃性では、扱い方が全然違うと思うし。明らかに「ドミナントで攻撃的」なのを「ウチの子、怖がりで〜」とか言う人が多いけど。
ミアちゃんの飼い主の様に、攻撃性の原因を正しく分析する事は、問題解決の第一歩。

ミアちゃんは、シェルターから出てきてから今まで3年間、本当に色々な勉強と訓練を重ねて、今年はラリー・オビディエンスの大会最高得点を出すまでになったエライ子である。

特大リボンをゲット〜手(チョキ)凄いぞ、ミア!!
ミアの苦悩2.JPG
アジリティでも次々とクリーンランを連発中!

今は、攻撃性はほとんど出ないが、他の犬にしつこく迫られたり急に飛び掛られたりすると爆発する事もあるので、飼い主さんは気を抜けない。
一度火がつくと、治めるのが大変だし。
ピットブルの場合、ただのケンカで済まない可能性もあるから、飼い主さんの気の使い方は尋常ではない。

この日は、フィールドで3匹がボールで遊んでいる所へ、命知らずのジャックラッセルテリアが、あっちの方からボールを狙ってギャンギャン突っ走ってきて、なんとキャリーちゃんの顔にガブリついたがく〜(落胆した顔) 

正直、このJRT死んだと思ったたらーっ(汗)キャリーかミアの一撃で即死だ、と。
が、その瞬間、一番近くにいたミアの飼い主さんが、ミアとキャリーの首根っこを掴み、JRTを思いっきり蹴ったサッカーむかっ(怒り)
すっ飛んだJRT、懲りずにまだギャンギャンやっていると、飼い主がすっ飛んできて回収して行った。
ああああ〜、怖かったぁぁぁ〜。

バカっぽいJRTのバカっぽい飼い主さんは、「何も蹴らなくても!」って言ってたけどさ。バーカ。(←すいません。ちょっと腹立って。)

常々思うけど、ミアとキャリーの飼い主さん達は、覚悟が違う。
私も以前JRTにつるりが襲われた際に、蹴りたかったが躊躇した。
結果的に、私もつるりも大怪我を負わされた。苦い経験である。

ミアのお尻はプリプリ。尻尾もプイプイで、尻専の私としてはたまらん。
ミアの苦悩4.JPG

有事の際に、キャリーやミアの飼い主さんたちに躊躇は許されない。
もしミアやキャリーがこのJRTに反撃してたら、大惨事になる。
ヘタすると、ミアやキャリーが殺処分・・・って可能性だってある。
絶対に自分の犬を守るという覚悟がないと、なかなか蹴れないよ。小型犬。

犬を蹴るのが良い、って言ってるんじゃナイんだけど。
あくまでも危ないのは相手だったし。
結果的に、このとっさの行動が、こちらの犬も相手の犬も守ったワケだし。
あのJRTの飼い主さん、今回の件で「今のままでは、いつか反撃されるぞ」、って危機感を持ってくれるといいんだけど。

JRTが悪者みたいな書き方で申し訳ないが、たまたまどっちもJRTだった。
で、ジャックラッセルもピットブルも、同じ様に典型的なテリア気質。
パワーの差こそあれ、どちらも飼い主がスキを見せると、あれよあれよと「オレ様」的な犬になって行く事も多い。

大きさ、犬種に関わらず、またフリンドリーな犬もそうでない犬・・・どんな犬もしつけは必要だけど、環境(襲われない、襲わない環境)を管理してやるのも飼い主の責任なんだよね〜、と改めて感じた日であった。

ああ見えて、ちゃんとテリアの気質も持つつるりにクリックを〜
      ↓   ↓


 
posted by えびし at 14:03| Comment(13) | つるりの友達 | 更新情報をチェックする

2012年09月29日

スチュワート


2日前、特別なお友達に会いに、夜のお散歩へ出かけた。

特別なお友達とは、スチュワート君。
スシュワートは黒ラブのミックス。

なんとあと数日で20歳!
このサイズの犬では、記録的な年齢なんじゃないだろうか?

久しぶり!半年ぶり位かな?
スチュ.JPG
数歩歩いては、座り込むスチュワート。

私がスチュワートと出会ったのは、6年くらい前の事。
つるりと出会うよりも前だった。
その頃、すでにスチュワートはおじいちゃん犬
飼い主さんの2人の子供達は、スチュワートが子守り係り。

その後体調を崩したが、スチュワートはゆっくり、ゆっくりと、雨の日も風の日も雪の日も散歩を続けた。
もしかすると、飼い主さんを連れて散歩に出てやらねば・・・と責任感で歩いていたのかなぁ?

数年前から耳も目も見えなくなったけど、鼻も利くし食欲は落ちず。
スチュ1.JPG
1歩1歩、ゆっくりと。つるりに会うとゆっく〜り尻尾を振ってくれたね。

飼い主さんは、2年ほど前から、「いつ逝ってもおかしくない・・・」と、考えて、「スチュワートがしたいと思っているであろうリスト」を作り、思い出の場所や、行った事のない場所にも連れて歩き、スチュワートの為の家族旅行もした。

・・・が、リストを一周しても、まだ元気猫

もう一周するか?と考えていた所で、スチュワートの体に限界が来た様だ。
彼はすでに天国との契約を済ませていて、翌日(昨晩ね)、獣医さんがお家にやってきて、旅立つお手伝いをしてくれる事になっている。

そう、これは彼の最後のお散歩。
お散歩と言っても、ほんの10メートル程しか進めなかったけど。

安楽死については色々な意見があると思うけど、私はスチュワートにとって、この時期がベストの選択だった思う。
一瞬、「20歳の誕生日まであとほんの1週間待てないかな?」と思った私だけど、それは人間の都合だもんね。

擬人化すれば、引き止める言い訳はいくらでもある。
でも、実際の所、スチュワートには誕生日も記念日も関係ない。
今が楽しいか、苦しいか。
犬はそれを人生や哲学と関連付ける事はできない。

ヨローッとするスチュワート。背景までヨロ〜っとしちゃったたらーっ(汗)
スチュ0.JPG
でも、頭の上にキレイなオーブが映ったよ。(ホコリか?)

自分への言い訳はせずに、ブレる事なくスチュワートの状態だけを考慮して決断した飼い主さん、立派だと思う。
(と言っても、一度は入れた「予定」を、2週間前に一度キャンセルしたそうだ。仕方がないよね。)


今頃、スチュワートはもう家族とお別れして、安らかに眠った後だね。
今度起きた時は、虹の橋に居るんだね。
飼い主さんと、奥さん、幼い子供達の気持ちを考えると、胸が痛いけど・・・。
長くて幸せな一生だったね。

長寿を全うして、19年間も愛情を注いでもらった飼い主のもとで、苦しみや痛みをガマンする事もなく静かに最後の眠りにつけるなんて。

スチュワート。

淋しくなるけど、私は、君の素晴らしい一生を心から祝福します。

淋しくなるつるりにクリックを〜
      ↓  ↓

You wil be missed, Stu...

  

posted by えびし at 14:12| Comment(11) | つるりの友達 | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

オヤビン達

star01.gifstar01.gif
協力求む!!福岡県大宰府付近で迷い犬が保護されました。
このブログにもいつもコメント頂いているTAKAさんの近所で迷い犬が見つかりました。とっても利発そうな目をした、カワイイ中型犬です。
長い間、迷ってたのかも?
写真・詳細は
TAKAさんのブログの、「助けて下さい!!」にて。
心当たりのある方、または飼い主/里親が見つかるまで一時預かり出来る方、TAKAさんのブログのコメント欄まで・・・。時間がないです・・・。
star01.gifstar01.gif

前回の記事で、忘れられたつるりだが、M子さんに迎えにきてもらっただけでなく、その後も嬉しいことが続いた一日であった。

M子さんとお別れした後、慌ててバクバクした私の心臓を落ち着かせるため、そしてつるりにチッコをさせるために、近所のドッグパークへ。
到着するなり、つるりがダダダーっと走って行ったので何かと思ったら、つるりの幼馴染み(?)のジャクソン氏とプリンセス・トフィーが。

オヤビン達。(茶色がジャクソン、白がトフィー)
オヤビン達.JPG
(写真は昨年のもの。カメラ忘れちゃったから。)

捻挫した足は痛いし、お腹もペコペコだったので(私が)、すぐ帰るハズだったのだが、3匹でバタバタと楽しそうに走り回っているし、オヤビンズの飼い主さんとお話してたら7時半頃になってしまった。

この大食漢の私が、今日は朝から何も口にしていないkao05.gifギュルギュル〜
これからご飯作ってたら飢え死にするわ・・・
という事で、マクドナルドのドライブスルーヘ。

開いててよかった〜!じゃなくって・・・アイムラビンニるんるん

オヤビン達1.JPG
君にはちゃんとしたゴハンあげたじゃないか。

で、ようやくお腹にモノが入り、ホッとした所で、リンデンちのユキさん(今日もLinden、明日もノースバンクーバー)からお電話。
ウチのすぐ近くのナイトマーケットに来たついでに、立ち寄って下さるという。

不思議なのが、この電話。
つるりは、前記事で登場したM子さんからの電話に凄い反応を見せて大興奮するのだが、今回のユキさんの電話でも同じ様に大興奮犬
部屋中を所狭しと走り回る。(普段は自宅では動かないクセに。)

で、数分後にインターフォンが鳴ると、もぉ喜び絶頂グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
バタバタしてうるさいので、廊下に出すと廊下を走り回り、エレベータが開くなり、ユキさんに飛び蹴りを食らわしたらしいどんっ(衝撃)す、すいません。

こちらが、つるりとリンデンとオヤビンズに囲まれたユキさん。
オヤビン達2.JPG
これも昨年の写真。・・・リンデンが。犬に埋まってる!

今回、残念ながらリンデンは一緒ではなかったのだが、つるりはも〜盆と正月が一緒に来た様な大さわぎたらーっ(汗)
暴れて暴れて、普段あまり飲まない水を、短時間で2度もガブ飲み。
落ち着けパンチ どんだけ興奮してんだよむかっ(怒り)

この晩、つるりは幸せに包まれて、グッスリ眠ったのは言うまでもナイ。

ちなみにリンデンはこちら。(これも古い昨年の写真だが。)
オヤビン達3.JPG
リンデンはカワイイ顔してるが強い子なので、つるりはリンデンを畏怖の目で見て少しヘコヘコしている所がある。
リンリンは、「オヤビン3号」のポジションを狙っているのか?

で、私は・・・、ユキさんが来てくれるまでは、空きっ腹にマックをギュウギュウ詰め込んだせいか、胃が痛くなり、自分の不運を嘆いた所であった。(いや、だから、もっと不運なのはM子さんだって!)

しかし、一日の最後はユキさんに一日のストレスをぶつけて発散あせあせ(飛び散る汗)、さらにおいしいパイまでお土産に頂き、最後は良い気分で眠りについたのであった手(チョキ)

人生って大変だけど、周りに良い人が居れば、何とかなるもんね〜。
と、イケナイ法則(?)に気付いてしまった私であった。

デイケアで走り、M子さんのお迎えで大喜び、オヤビン達と走って、そしてユキさんに会って大喜び。
いい事ばっかりあると、でっかい悪い事があるんじゃ〜?
と周囲を心配させるつるりにクリックを〜
    ↓   ↓

その場合、また割を食うのはやっぱり私かたらーっ(汗)

 
posted by えびし at 18:01| Comment(7) | つるりの友達 | 更新情報をチェックする

2012年08月28日

人生色々


先日、犬が5匹いるお宅にお邪魔した時の事。

2匹の犬を飼う、別のお友達と、つるりも連れ立って押しかけた。
つまり、え〜と、犬の合計が8匹exclamation

大体、よそのお宅に行くと興奮して恥ずかしいつるり。犬が8匹も揃っちゃうと、そりゃもぉ喜んで喜んで・・・。
ちょっと何をしでかすか心配になるほど興奮していたたらーっ(汗)

こちらは、以前湖に一緒に行った、台湾で野良してた片目のチィ君のお家。
チィ君との散歩の記事→ 「国を超えたレスキュー

8dogs1.JPG
8匹で追いかけっこ出来る様な大きな豪邸!犬達よ、羨ましいぞ!

8匹全員が、様々な理由で、今の里親にもらわれてきた犬達。
1匹1匹、それぞれの遠回りをしたけど、もう大丈夫なのね〜っと思うと、ちょっと感慨深いものがあった。

1匹引き取るだけでも、8匹集まれば、8匹になる。
当たり前じゃん。何言ってんだ、私はあせあせ(飛び散る汗)

こんなに個性があって、カワイイ犬達、一歩間違ってたら、どうなっていたかわからなかったんだなぁ。
逆に、世界中で悲惨な一生を終える犬達(に限らず動物達)も、それぞれに個性も感情もあるカワイイ奴らなんだよぉぉぉ。
この子達は、たまたま今の飼い主の目に留まっただけなんだよなぁ。

・・・ありゃ。書けば書く程、何が言いたいのかわからない私の文章たらーっ(汗)

やっぱり一番気が合うのはチー君かな?(あ、話題を変えて逃げた。)
8dogs3.JPG

先日、ある写真家の方が「レスキューされた犬の写真集」を作るという事で、ウチのアパートに撮影に来た。(ウチのビルはレスキューされた犬達が沢山飼われている穴場。)
つるりの写真も撮らせて、と頼まれたのだが、つるりはシェルターに居たワケでもないし、犬種や珍しさばかりが目立ってしまい、写真集の趣向と合わなくては申し訳ないので、辞退した。

その時、正直言って、「そんな写真集、意味あるの?里親探している子の写真集にすればいいのに。」とも思った浅はかな私だったが・・・。この8匹を見てたら、そんな写真集、凄くイイんじゃない?と思える様になった。
それぞれ辛い思いをしたけど、いまはそれぞれの個性を認めてもらえるお家を見つけた犬達。

・・・そんな犬の幸せな顔の写真集、見てみたいかも?
・・・・ってか、ズバリ!すんばらしいじゃありませんかぴかぴか(新しい)(遅い!)
チェッ、やっぱり、写真撮ってもらえばヨカッタよ。

この白と茶の子は、両目が見えない全盲のサンシャインちゃん。
8dogs2.JPG
つるり、ボケーッと立ってるとブツかられるよ〜。

全盲だから、毎日みんなとオフリードのお散歩にはいけないんだけど、それ以外は普通の犬と同じ。ダダーッて走り回るし、他の犬とも元気に遊ぶ。
サンシャインちゃん。もし一匹で過保護に飼われてたら、きっとこんな風に「普通」にはなれなかったんだろうな。
飼い主さんも犬達も、全盲だからって特別扱いをしなかったおかげで、何でも出来る様になったのね。

8dogs4.JPG
す、すいませんあせあせ(飛び散る汗)犬の話してると、つい長くなっちゃって。

今日のお話、あっち飛んだり、こっち飛んだりして脈絡ないなぁ。
深い話を書こうとすると、かえって浅い人間性が出てしまうんだわ。

えっと、これで8匹全員の写真あるかな?(また逃げた。)

帰る時、ちょっと淋しそうだったつるりにクリックを〜
    ↓    ↓

注: これは淋しい顔ではナイ。

 
posted by えびし at 17:44| Comment(9) | つるりの友達 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。