つるりの友達 (2): つるりとアジリティ

2012年07月20日

愛のセレブレーション


夕暮れの海岸はロマンチックな場所だ。

彼が彼女に出会ったのも、ある夏の夕暮れの海岸であった。
愛のダンス8.JPG


ルミ子と賢也(共に仮名)は、ラブラブ揺れるハート 賢也が楽しきゃ、ルミ子も嬉し。
愛のダンス4.JPG


めくるめく愛ハートたち(複数ハート) まさに空気の読めない、バカップル。
愛のダンス5.JPG


この先は、子供には見せられないので(ウソ。)写真が多いので
「続きを読む・・・」から。

その前に、恋するルミ子と賢也にクリックを〜
   ↓   ↓

あ、これはつるりとヨーダだった。
ま、いいか。

 続きを読む


posted by えびし at 00:15| Comment(12) | つるりの友達 | 更新情報をチェックする

2012年07月17日

キャリー復活!


週末の競技会では、キャリーちゃん(G.シェパード)とも久しぶりに再会した。

キャリーちゃんは今までいつもつるりと一緒にアジリティの競技会に出ていた盟友なのだが、実は4月に腰の病気が発覚しアジリティを引退してしまった。
ダックスフンド等がかかりやすい病気だが、腰が下がっているジャーマンシェパードにも多い、腰のディスクの病気である。

競技場の横の小さなドッグランにて。
キャリー復活.JPG

この病気、ひどい場合は後ろ足が麻痺したり、痛みがひどい場合は安楽死・・・なんていう事もある怖い病気なので、とても心配した。
しかし、キャリーちゃん、なんとたった3ヶ月で復活〜手(チョキ)

最初の数週間は強い痛み止めでも痛みが止まらず、辛い選択をしなければならないか・・・と思った時期もあった様だが、その後グングン回復!
つるりと走って遊んでも大丈夫になったので出てきてくれた。

日陰がなく、あまりに日差しが強くなったので、走り出す前に例の物を着せる。
キャリー復活2.JPG
アジリティの競技会なら、何故かそれほど目立たないスペースドッグ服


つるりなんかよりずっと本気でアジリティを頑張っていたキャリーちゃんだが、腰の怪我のリスクを考えると、もうジャンプはさせられない。
もともとエネルギーに溢れている子なので、絶対に仕事が必要なタイプ。
飼い主さんと色々試した所、臭気追跡とスイミングが肌に合う様で、毎日忙しいそうだ。(この日も嗅ぎまくり犬

いつもつるりを食おうとしていたキャリーちゃん。その勢いも戻ったらしい。

つるり、油断するな〜、喰われるぞあせあせ(飛び散る汗)
キャリー復活3.JPG

3ヶ月ぶりの本格的な遊びとあって、この後「こんなに走らせて大丈夫なのか?」と思うほどつるりを追って走ったキャリーちゃんだが、その後も問題は出ていない様だ。ホッたらーっ(汗)

一緒にアジリティ出来なくなっちゃったのは残念だけど、元気になって本当に本当に本当に良かったよぉぉぉ〜。大型のキャリーちゃんが車椅子・・・なんて事になると、本人も飼い主さんも大変だもんね。

キャリーちゃんよ。
獣医さんはもちろん、針、カイロプラクテック、マッサージ、ハーブ、フィジオセラピー、ハイドロ(水泳)療法・・・自分の生活の全てを後回しにして走り回った飼い主さんの為にも、無理しちゃダメよ。
再発したり、進行したりしたら大変だからね。

来週にも、再会する事を約束してお別れしたのでした。

何度も喰われかけたつるりにクリックを〜
   ↓   ↓

つるりを喰おうとしないキャリーちゃんなんて、ヘンだもんね〜。
 
 
posted by えびし at 18:38| Comment(11) | つるりの友達 | 更新情報をチェックする

2012年07月08日

スター誕生!


スターって言っても、つるりじゃナイです。当たり前ですが。

スターとは!ジュピターぴかぴか(新しい)star.gifぴかぴか(新しい)
(ジュピターは神話の神様だが、木星という意味もある。)
このブログにも遊びに来て頂いている、ジュピママさんちのジュピター君が!
大変な事になっているのです〜!

ジュピちゃん.JPG

ジュピ君は、ゴールデンレトリーバー、8歳のお坊ちゃん。
一見ポワ〜ンとしているのに(褒めてんですよ)、何しろ賢い子なのです。
警察犬協会やJKC主催の訓練大会でも毎回優勝とか2席とかの成績kaeru10.gif
ブログのトップにも載っている、優勝ガウンを着た雄姿を見てやって下さい。
「ジュピターとお兄ちゃんの毎日U」

ジュピちゃんはこんなガウンを何枚も持ってんだから。
ちっちゃいロゼットで一喜一憂している誰かさんとは違うのよ。(私か。)

ああ、こんなガウンが欲しい!
こんなガウンが1枚でもあったら、つるりに毎日着せて威張って歩くのに。
「ハダカの王様が来た!」って笑われてもイイ!
何なら金出して買ってもいい。(←サイテー。)
ジュピちゃん2.JPG
で、君はなんで王様でもないのに、素っ裸かね?
大体、そんな小っちゃいリボン捨てちまえ。みっともないねパンチ 
(あ、うそ。捨てちゃダメ。そんなリボンでもイイ!)

ジュピちゃんは、非常に難しいという優良家庭犬の検定も2回も更新に成功、次回更新に成功すればプラチナ犬として一生優良犬として認められるとか。
ゴールデン(レトリバー)な上にプラチナよ。凄いでしょ?

さらにジュピちゃんは、日本にまだ26頭しかいないという、フライボールのチャンピョンの1頭でもあります。オーマイガッー!凄すぎる。
半数以上がボーダーコリーというチャンピョンの中、初めてのゴールデン!
何だか嬉しいじゃないですか。
ジュピちゃんはその安定したパフォーマンスで、まだまだ現役で頑張って、色々な記録を伸ばしてくれる予定です。
スーパースターなのに気さくな彼は、前川清の物まねもできますaicon363.gif
見たい方は・・・ジュピちゃんのブログを隅から隅まで探して下さい。
見つけた人だけに究極の癒しが与えられる事でしょう。ププッ。


あ、そうそう。
それで、そのジュピちゃんがどんな風に大変な事になっているかと言うと!

なんと今度は俳優デビューです。うお〜!

予告編のCMで、つるりもジュピちゃんと初めてのツーショット手(チョキ)
ジュピちゃん3.JPG
眉毛描かれてるけど・・・まぁいいじゃないかたらーっ(汗)デビュー作だ。

日本では7月15日(日曜日)の夜、10時から10時49分まで。
NHK BSプレミアムで放送の、プレミアムドラマ
高橋留美子劇場、第2回 「運命の鳥」 番組ホームページ
予告編を見ると、凄く面白そうで、楽しみです。

皆さんも、ジュピちゃんの記念デビュー作、お見逃しなく。
で、ジュピちゃんがもっともっと有名になった時に、「ああ、ジュピね。デビュー前から知ってるし〜」って自慢しましょ〜。(←友達減るかも?)

ちなみに海外放送では、北米19日の木曜日、ヨーロッパでは21日の土曜日に放送です。(時差によって放送時間が変わるので要チェック!)
ジュピちゃんの顔が世界中で放送されるんだわ〜。

ジュピちゃんの爪のアカを飲ませたいつるりにクリックを〜
       ↓   ↓
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ

 
posted by えびし at 16:32| Comment(14) | つるりの友達 | 更新情報をチェックする

2012年07月07日

おホモ達


今日の標的は・・・・
標的1.JPG


つるりが大好きな、ハンサム犬のクマ君。
標的7.JPG


大きさも、走るのが好きなもの同じで気が合う2人。
標的2.JPG


そこへ、セントバーナードのホモ岡ホモ男君が登場。
標的4.JPG


2人は仲良しだが、つるりのしつこさに嫌気がさし出したクマ君。
標的3.JPG


そこを見計らってホモ男くん再登場。
標的5.JPG


そうして、ホモじゃないクマ君を挟んだ、男達の愛の三角関係が出来上がったのであった。
標的6.JPG

クマ君、気の毒に。
ハンサムはつらいね。

ちなみにセントバーナード君は知らない子です。(よく見かける子だけど。)
多分ホモじゃないし、名前もホモ男ではないと思います。
・・・当たり前か。

男の子のお尻ばかりを追い掛け回すつるりにクリックを〜
    ↓   ↓
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
ホモだのハゲだの、失礼ですよね。
愛を込めてそう呼んでいるのです。お許しをあせあせ(飛び散る汗)

 
posted by えびし at 16:34| Comment(11) | つるりの友達 | 更新情報をチェックする

2012年06月04日

ドキドキな散歩


今日は夜8時前に、近所のお友達からお散歩誘いが入ったので河原の散歩道に出かけた。(河原の散歩道の紹介→「5月の散歩道」)

日が長いのは本当によろしい!
ただ、この肌寒さ、どうにかならないものか!もう6月だと言うのに・・・。

ご近所のギャビーたん。2人とも、面白くなさそうな顔でご挨拶あせあせ(飛び散る汗)
ギャビーと.JPG
こんな顔してるが、実際は結構楽しそうに遊んでた。
ギャビーちゃんはラットテリアが入っているのか、つるりと良く似ている。

つるりも年々、遊び友達の選択に慎重になってきているが、ギャビーちゃんはまだ4歳なのに、最近はあまり他の犬と遊ばなくなった。
が、子犬の頃から遊んでいたつるりとならレスリングや競争をするので、たまに一緒にお散歩して、憂さ晴らしをする。

時間も遅かったので、他に歩いている人や犬も少なかったのだけど・・・。
どこからともなく現れて、私から離れなくなってしまった2匹の知らない犬。

ぐりとぐら(仮名)
ギャビーと2.JPG
ヨソの子ならこんなに楽しそうでカワイく写る私の撮影技術バッド(下向き矢印)

お菓子を持っているわけでもないのに、妙に尻尾フリフリなので、一瞬、「知ってる子?」とも思ったが、全然記憶にない。

ずーっと付いてくるんだけど、飼い主さんどこ??
あんた達、まさか間違った方向に歩いてたりしない? 
と心配になり、試しに1分程、来た道を引き返して歩いてみると・・・・
・・・ついてくる。

いや〜ん。こんな時間に迷子犬?

広場とかなら迷子犬はわかりやすいが、こういう散歩道の場合、ず〜っと先に飼い主が歩いている場合もあるので、迷子なのか自由奔放な犬なのか、判断がつきづらい。(大抵は後者。普通、迷った犬はオロオロしているし。)
つるりも遠くへ行く事があるが、他人が近づくと慌てて逃げてくるので、他人に心配される事はナイはず。多分たらーっ(汗)。なるべくマメに呼び戻してるし。

とにかく、いつかぐり&ぐらが、飼い主の元へ走り去ってくれる事を願いつつ、犬4匹と帰路を歩いていると、途中でつるりが通りがかりの、ヘアバンドをした様な顔の犬とレスリングを始めた。

出会ったヘアバンド犬。(眉毛犬の次はヘアバンド犬かたらーっ(汗)
ギャビーと1.JPG

つるりは遊びが荒いので、ヘアバンド犬をコロコロ転がして乗っかって遊び、ギャビーちゃんもそれに参加して遊んでいたら、飼い主さんが凄い勢いで間に入ってヘアバンドさんを救出。すぐにリードに繋いでしまった。

内心少しだけ、「そんなに怖がらなくてもイイのに。つるりは相手がイヤがったら遊ばないし。」なんて思いつつも、つるりの荒さを詫びると、飼い主さんは、
「コチラこそゴメンなさいね。でもこの子、17歳で盲目で難聴で、今朝は痙攣を起こしたの。」との事。

ぎゃ〜っ!がく〜(落胆した顔)
す、すいません、すいません、すいませんあせあせ(飛び散る汗)悪いのはすべてつるりです!
何事もなくて、ホントにホントにヨカッタぁ・・・。

で、ヘアバンドさん達に、ぐりとぐらの事を聞いたが、知らなかった。

そして、その後も、ぐりとぐらと一緒に歩く事、約15分。
駐車場が近づき、友人と「どーしよっか〜、ぐりとぐら・・・」と言ってたら、駐車場から口笛が鳴り、ぐりとぐらは走って飼い主さんの元へ戻って行った。

ぐりとぐらの飼い主さん(若い男性)は、悪びれる風もなく、「ウチの犬の散歩もしてくれて有難う」なんて笑ってたけど。
本当だわよ。ぐりもぐらも、アタシがウ〇チ拾ったんだから。
もうちょっとコマメに呼び戻してよ、と言う前に、サッサと逃げられた。ちっ。

とにかく、コッチも無事でヨカッタ〜。
静かな夕暮れの散歩に来たはずが、こんなドキドキになるとは。

ギャビーと3.JPG

これからは、お年寄りに手荒な事はしない様に!

ヘアバンドさんともっと遊びたかったつるりにクリックを〜 
    ↓   ↓
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ

 
posted by えびし at 19:03| Comment(12) | つるりの友達 | 更新情報をチェックする

2012年05月08日

ドルチェのビンタ


今日は近所のトレイルで偶然、ドルチェに会った。
ドルチェは2年程前に我が家で預かり、里親を探した犬。

丁度数日前に、当時私がドルチェに興味がある人を探すべく、友人、知人に流した大量メールが出てきて、里親探し用に作った広告を見ながら、「ドルチェ、元気かな〜」と考えていた所。

こんなのを作って、大量メールを流したり、犬のトレイルに張ったり。
レスキュー団体の力も借りたが、おかげでモメた。(ココでは書かないが。)
dolce ad.JPG
結構すぐに、ドルチェにはこれ以上の人は居ない、という人が現れた。
(ドルチェの記事→「ボール犬ドルチェ」)


で、ドルチェは私の心配には及ばず、元気すぎるほど元気であったかわいい

アッチの方から突っ走ってきた犬を見て、「あれ?ドルチェ?」と思った途端にドルチェも私に気が付く。
相変わらずの俊足で走ってきて飛び上がったドルチェのドロ足で、バッツンexclamationとホッペに愛のビンタどんっ(衝撃) 痛いよぉぉぉ!
相変わらずあなたの愛は激しいのねもうやだ〜(悲しい顔)

水から上がったウナギのごとく、すごい跳ね跳ね。
何度も飛びつかれたので、服もドロドロ。
川で泳いでいたらしく、全身ビチョビチョだし。
(これで臭かったらドーソンだ・・・。)

ドーソン友情出演。
ドルチェwith2balls1.JPG
日本語のブログなんて絶対読めないし、と思って書きたい放題ですが。
飼い主さんドーソン、ゴメン。ドーソン大好き揺れるハート しかしクサ過ぎ。


おっと。話がそれたが、、ドルちゃんは変わっていなかった。
室内では静かなのに、屋外でボールを見ると100万倍ハイパーになる。

幸せそうにしているね!とすぐにわかった理由は・・・
口にボール2個くわえてたから犬
ドルチェwith2balls.JPG
すっごい動きが早いので、捕まえないと写真に収めるのは不可能どんっ(衝撃)
ドルちゃんは手足が長いので普通のラブより大きい位なのだが、ここでは横に巨大ラブが並んでしまったので小さく見える。

正直言って、ハイパー度は以前より悪化している気もしないではないがたらーっ(汗)
毎日馬と一緒に走り回る環境があるのだから、特に問題はないのかな。

以前は肋骨が全部見えちゃう様なガリガリだったドルチェ。
グレイハウンド(かウィペット)の血が入っているのだとは思うが、彼らのスタンダードでも肋骨が見えても良いのはお腹側から2本まで。
ゴリゴリと前足付近まで見えていた肋骨も、今では飼い主さんのケアと毎日の走りのおかげで、とても健康的でカッコ良くなっていた。

この飼い主さん、とても良い人なのだが、ちょっと大雑把な所もある。
散々おしゃべりして別れる時になって、「あなた、顔が泥だらけよ。」って。
(ドルチェのビンタの跡。)

・・・・この人のそういう所が、ドルチェにピッタリなのね猫
神経質な人にはドルチェは無理。


ドルチェはつるりに会えて喜んだのに、つるりはなんかシラーっとしていた。
dolce ad2.JPG

同居していた頃は仲良しだったのに、つるりは最近大きくてハイパーな犬が苦手になってしまった。
感激度が少なくてゴメンよ、ドルチェ。

大きくてハイパーに飛び掛る犬と一緒に遊んでいると、(相手に悪気はなくても)どうしても擦り傷や引っかき傷で痛い思いをする事が多いので、関わるのを嫌がる様になった。
(ちなみにドルチェは犬に飛び掛ったりしない。知っている人間にだけ飛び掛る。あ、そう言えばドーソンもそうだな・・・たらーっ(汗)奴ら・・・似てるのか?)

まぁ、仕方がないな。怪我を避けてくれるのは私も有り難いし。

でも、知ってるコとは遊べexclamation、という気もしないでもない。

だってドルチェって、全然「ドルチェ(優しく甘美なという意味のイタリア語)」じゃないんだもん〜、と文句たれてるつるりにクリックを〜
   ↓  ↓
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
ま、確かにね。
ドルチェというより、ストーミィ(Stormy-嵐の様な)って感じだよね。

 
posted by えびし at 15:51| Comment(8) | つるりの友達 | 更新情報をチェックする

2012年05月03日

ステラが地球を救う


今日は穴掘り犬ステラの最新情報を。

最近、彼女の動向から目が離せない、と世間で噂のステラ。(ウソ。)
彼女のプロジェクトに異変が起こっている。

ステラと彼女のプロジェクトについては、コチラコチラコチラで見れます。
(あら。いつの間にか、ステラの記事をこんなに書いていたとは!)

穴を掘っていない時のステラ、ボールをくわえて初登場!
Aビーチ1.JPG
あんな大きなプロジェクトを持つとは思えない、オバチャンっぽい子である。

見た感じ、GシェパードとピットブルのMIX、って感じかな。
すぐにボールを盗まれてしまう、お人よしでもある。

このステラが、一生懸命頑張っていた一大プロジェクト「太平洋横断トンネル」(?)は悲しい事に、中断を余儀なくされてしまった。
原因は、つるりの様な素人が、いい加減に掘るもんだから、入り口にばっかりドンドン砂が溜まって何だかおかしくなってしまった為である。(いつまでもダラダラ続く雨も原因。)

誰も見向きもしなくなったトンネルを、まだ掘るつるり・・・。
Aビーチ3.JPG
今では、小型犬ですら入りずらそうな入り口になってしまったバッド(下向き矢印)

こんな具合に、つるりが古いプロジェクトにうつつを抜かしている間に・・・
始まっていたのである!ステラの新プロジェクトが!

今度は、素人犬達が手を出さない様に、ちょっと離れて流木に隠れた場所。
横には伸ばさず、ひたすら下へ。
深く深く、地球のコアまで掘って、地震が起きなくなる様に、ステラが地盤を調整してきてくれるらしいっす。

Aビーチ2.JPG
ステラは掘っている間、ず〜と吠えている。溢れる情熱が止まらないのね。

で、一心不乱に掘っていたステラが急に穴から出てきて、穴の横にお座り。
飼い主のお姉さんを顔を見つめると、お姉さんは、
「ん?石?」
と言いながら、すでにかなり深くなった穴の中へ。

どうやら、石に当たって、掘れなかったらしい。
お姉さんが、穴からデッカイ石を引きずり出すと、ステラはまたワンワン言いながら、穴掘りを続行していた。

ステラも凄いけど、何なの?この2人のツーカーな感じ!

途中、ステラが水を飲むために穴から出ると、ステラの親友である巨犬サムがすかさず穴に入りお手伝い。
Aビーチ4.JPG

巨犬サムは、ステラが戻るとササッと場所を譲り、ステラはまた穴掘りに専念していた。
う〜む、コッチもツーカーの仲か!

やっぱり大きな仕事は信頼できる仲間とのチームワークがあってこそ成し遂げられるものなんだな〜。

地球の平和のために、つるりはココは掘っちゃダメ、と言われて
シブシブ古い方の穴を一人でホリホリするつるりにクリックを〜
     ↓   ↓
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ

 
posted by えびし at 14:35| Comment(6) | つるりの友達 | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

国を越えたレスキュー


現在、友人がバイトで、休暇中の飼い主に代わって、泊まり込みで犬7匹(6匹+自分の犬1匹)の面倒を見ている。

で、よくよく聞くと、この「休暇に出た飼い主さん」は、偶然私の知人であった。
ややこしいが、つまりどちらも私の知り合いだったワケである。

このペットシッター役の友人が、この7匹の中で一番つるりと仲が良いチー君をつれて来てくれたので、一緒にお散歩に出かけた。

チー.JPG

チーは昨年香港で保護され、レスキュー団体を通してカナダに送られてきた。

カナダでは多くのレスキュー団体が、陸続きのアメリカやメキシコからのレスキュー動物もも数多く受け入れており、最近は、このチー君の様に中国や香港からの送られてくる犬も増えている。

確かにカナダの西海岸はノンキル(殺処分のない)のシェルターが増えてはいるし、NPO等のレスキューの団体も多い。
でも、普通のシェルターで殺処分を待つ犬も多い。
殺処分になる前に、レスキュー団体が必死で助け出してはいるが、全部の犬が助かるわけではない。

実は私、以前は、地元の犬が殺処分になっているというのに、なぜ他の国からの犬をそんなに積極的に引き受けちゃうの?と疑問を持っていた。

でも、こうやって遠くの国からやってきたチー君が、良い飼い主と巡りあった事を思うと、もしカナダの方が少しでもチャンスが大きいなら、国を選ばずどんどん助けてあげたらいいな、と思う様になった。

カナダも最近は純血種の犬も増えてはいるが、まだまだ犬種や年齢にこだわらずに、レスキューされた犬を受け入れてくれる家庭は多い方だと思うし。


香港ノラ時代に片目を失ったが、特に不便はナイ様子のチー。
チー2.JPG
そして、ニイハオの意味が分かったフリをするつるりのサル芝居たらーっ(汗)


伝染病とか、そういう問題もあって難しいんだろうけど、世界中で「里親募集」が共有できれば、チャンスが上がる犬だって増えるはず。
日本に多い超小型犬や日本犬系の雑種等は、北米では少ないので引き取りたがる人も多いと思う。
逆に欧米のバタ臭い顔(?)の雑種犬は、アジアでウケるかもしれない。

でも、いくら助かる犬が増えても、バンバン生まれてバンバン捨てるシステムが変わらないと、「余った犬」の総数は変わらないんだよなぁ。。

チー3.JPG

楽しそうにお散歩して走り回るチーを見ながら、友人とそんな話をした。

チーは、最初もらわれてきた時は、噛み癖と逃げ癖のある問題児だった。
そんな、片目のないウケ口の、危ない野良犬が、拾われたのが奇跡だし、その子が処分されずにレスキュー団体に渡ったのも軌跡。
そこからカナダまで太平洋を渡ったのも軌跡だし、今の飼い主に出会ったのも軌跡。
すごい確立の低い、運命的な出会いだと思う。

それを考えると、巷でよく芸能人なんかが言ってる「ペットショップで運命的な一目ボレ黒ハート」なんて、運命でもクソでもないぞパンチバーカ猫
ペットショップの子犬は、オマエに一目ボレさせて売るために、兄弟の中で1番カワイイ顔の子が出てんだ足 このオッペケペーが爆弾
カワイクない方の兄弟、どこに行っちゃったのかexclamation&question、って話よむかっ(怒り)

あ・・・、すいません・・・あせあせ(飛び散る汗)。ちょっと熱くなりすぎて暴れてしまったたらーっ(汗)
(ペットショップで買う事自体よりも、それをテレビで自慢げに話される事に腹が立っちゃって。影響を受ける人も少なからずいると思うし。)

今日はそんな事が書きたかったワケではなく、チーの強い運命に乾杯バー
というお祝いの内容にしたかったのであった。

チー君、今では片目もウケ口も、すっかりチャームポイントになっている。

気の小ささが似ているチーが大好きなつるりにも乾杯クリックを〜
   ↓   ↓
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ

 
posted by えびし at 17:33| Comment(13) | つるりの友達 | 更新情報をチェックする

2012年04月01日

人面犬ボーディ


今日は、昨日の記事の続き。

ホリホリ犬、ステラと遊べなかったつるりが見つけた遊び相手は、初対面の犬ボーディ。

ボーディちゃんは、インドに短期滞在していた飼い主さんが、連れて帰ってきた(元)野良ワン。
日本語にすれば、「菩提」という名前だが、英語ではボウディ(Bodhi)となる。

初めて見るインド出身の犬。インドっぽくないな。
(「インドっぽい犬」が、どういう犬なのかは知らないけど。)
Beach afternoon6.JPG
カアイイ揺れるハート

私の大好きなJojo君ちの長女Fioちゃん(→JOJO & FIO Blog)を、ちょっとイカツい角刈りのオッサンっぽくした様な感じ。
っと言っても、多分ボーディちゃんも1歳前後位だと思うけどたらーっ(汗)

きっとFioたんと同じ、スムースコートのボーダーコリーの血が混じっているに違いない、と言い張る私。
ボーディちゃんは細めなので、ウィペットとかハウンドも入ってるという意見も出たが、ウィペットなら腰も尻尾も位置がずっと低いはずだし・・・。
筋肉の付き方等から見ると、ピットブルとか、ロージアンリッジバック等の、強い犬種(闘犬種)と混じっているのかな?
その割にはアゴはあんまり強くなさそうねぇ。

などなど、周りの人と推理を働かせて言いたい事を言っていると、ボーディちゃんの飼い主さんは「多分何も入ってないと思うよ。何代も続く純粋な雑種。」との事。(「純粋な雑種」、って言葉も何かヘンだけど。)

飼い主さんは、インド滞在中に、色は様々だけど、ボーディちゃんと同じ様な顔のノラ犬をアチコチで見かけたんだそう。
インドには野良犬が物凄く多いのだそうだ。

こうやって見ると、つるりよりよっぽど由緒正しい家系の子に見えるけど。
Beach afternoon1.JPG

滞在中にすっかり懐いてしまったボーディちゃんを、ノラのまま残してくる事が出来なくなってしまった飼い主さんは、悩んだ挙句カナダに連れ帰ってきたら、あっという間に体格も立派になり、毛もピカピカになったとか。

きっとそれまでは、栄養不足だったんだろうなぁ。
よかったねぇ、ボーディちゃん。

ステラがホリホリしている間に、ずーっとつるりと遊んでくれたボーディちゃん。
Beach afternoon3.JPG

顔も姿もとってもキレイなボーディちゃんは、明るく元気な子なのだが・・・。

その場では気付かなかったのだが、家に帰って撮った写真を見ていたら、恐ろしい事に気が付いてしまった。
ボーディちゃんの隠された秘密に・・・。


(以下、ゆっくりした平坦な低い声で)
みなさんは上の写真で、何かお気付きの事はナイだろうか?
ヒュ〜、ドロドロドロ (効果音ね。)

・・・それでは、拡大写真をお見せしよう。


恐怖、人面犬!
頭の後ろにに、第二の顔がっ!
Beach afternoon4.JPG
くわばらくわばら!

モバQ  モバQ  モバQ 

でも、人面というより、以前見に行った白フクロウの顔みたい。
(その時の記事→「白フクロウ」)

白フクロウ、カワイイ・・・。
Beach afternoon2.JPG

フクロウの顔じゃ、あんまり怖くないのがちょっと残念バッド(下向き矢印)
次回会った時に、ボーディちゃんの頭のフクロウの目がカッと見開いてたら、面白いんだけど。

ボーディちゃんよりよっぽど奇怪かもしれない、ハゲ面犬つるりにクリックを〜
あ、顔だけじゃなくて、体もハゲだったあせあせ(飛び散る汗)
    ↓  ↓
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ

 
posted by えびし at 16:11| Comment(10) | つるりの友達 | 更新情報をチェックする

2012年03月31日

ステラのホリホリ


午後のビーチにて。
珍しく何枚も写真を撮ったので、今日はその第一弾。

第一弾の主人公は、お友達の所のステラちゃん。
ビーチに到着するなり、ステラを見つけて喜んで走ってゆくつるり。

しかし、ステラは忙しそうに、砂を掘っていた。

Beach afternoon8.JPG
つるり、ガッカリ。

このスポットは穴掘りに人気のスポット(?)で、色々な犬が入れ替わり立ち代り穴を掘るので、いつも小さな穴が開いている。
普通の広場に穴があると危ないけど、ビーチのこのスポットは流木に囲まれているし、そんなに危なくないので放置されている。

で、今日のステラは本気らしく、わき目も振らずにホリホリしている。

ち、ち、ちょっと、掘りすぎじゃない?
Beach afternoon9.JPG

しばらく待っていたつるりだが、ステラちゃんは顔すら出してくれないので、そのうち他の遊び相手を見つけて遊んでいた。

Beach afternoon5.JPG

つるりが遊び呆けている間にもセッセと働いていたステラ・・・。
いつの間にか居なくなちゃった。


・・・と、思ったらどこか遠くで吠える声が聞こえる。

ココ掘れワンワンexclamation
Beach afternoon7.JPG
うわっ、凄っがく〜(落胆した顔) どこまで掘るつもり??
穴はすでに人間用サイズ犬

記録的な深さを掘ったステラちゃん、しばらくすると疲れて中でノンビリ昼寝に入ったらしい。他の犬が、知らずに穴に入ろうとすると、ワンワン怒っていた。

ワンワン怒る声が、大分こもっていたので、穴はかなり深い様であるたらーっ(汗)

呼べども全然出てこないステラと、困り果てる飼い主を置き去りにして帰ってきた、薄情なつるりと私。
日が暮れる前に帰れたか心配三日月

結局、今日はステラの顔を一度も見れなかった。

ステラに完全無視されたつるりに慰めのクリックを〜
    ↓  ↓
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ

 
posted by えびし at 13:28| Comment(8) | つるりの友達 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。