怪我、病気等: つるりとアジリティ

2013年06月28日

痛くないんだってば


つるりの豚足は、名医(若ハゲ先生)に頂いた抗生物質と足湯スパで少しづつ腫れが引いてきている。
痛くなさそうなので、もらった痛み止めは飲ませていない。
獣医さんに行く前は、外ではピョコピョコ三本足で跳ねてたりしたが、もう外でも普通に歩ける。

で、今日はつるりを見てくれた若ハゲ先生から電話があった。

通常、診察の1週間後位に受付嬢から「その後つるり君の様子はどうですか?」と電話があるのだが、今回はまだたったの2日で、獣医さん本人が電話してきたのでちょっとビックリした。

No pain.jpg
いい加減、怒られそうですが犬

先生は、つるりの痛みは治まったか、としきりに気にしていた。
「痛くなさそうなので、出して頂いた痛み止めは飲ませてません」と言おうものなら動物虐待で訴えられそうな雰囲気だったので、飲ませた事にしておいたたらーっ(汗)

「元気にしてます。」と言うと、「無理をさせるとまた痛くなるから、大人しくさせておいてね。」と念を押されたのですが。

実はもう、こんなに走って来ちゃった・・・猫
 
(ビデオ縦向きに撮っちゃった。大失敗。)

これ、絶対、痛くないと思うんですけど。
どーでしょう?

犬によっては、痛くても興奮して痛さを忘れちゃう子や、痛みが顔に出ない子が多いのも十分承知だけど、つるりはすぐに顔に出る、というか痛い所がピンポイントでわかる様な犬なんだけど。
痛み止め飲ませた方がいいのかなぁ?
迷うわぁ。


わかりやすい犬、つるりに、いや、今日は
先生に惑わされるえびしにクリックを〜
    ↓   ↓
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ

 
posted by えびし at 10:57| Comment(17) | 怪我、病気等 | 更新情報をチェックする

2013年06月26日

豚足


昨夜、森にお散歩に行って走り回ったつるり。
寝る頃になって、後ろ足をしきりに舐め始めた。
簡単に調べたが、特に傷もなく、痛がるワケでもないのでそのまま寝た。

で、今朝起きたら、つるりのブタ化が始まっていたたらーっ(汗)

ブヒーッpig01.gif
豚足.jpg
後ろ足が、プックリ。まるでトン足。

午後には足をつかずにピョンピョンと跳ねる様になってしまった。
ちょっとでも痛いとションボリするつるりが、尻尾はフリフリだし、元気もバリバリなんだけど。
獣医さんに電話すると、夕方の予約が取れたので、行って来た。

豚足2.jpg
ブタっていうか・・・何? このブキミな生物は。

今日の担当は、初めて会うハンサムで感じの良い先生。
つるりに興味シンシンの若ハゲ先生は、とても同情的で、「可哀想に、痛いねぇ〜」とつるりに優しくしてくれた。
(「痛がっていない」という私の主張は聞き入れられず。)

つるりを恐怖の裏部屋(処置室)に連れて行き、針を刺して腫れた部分からウミが出るか調べて来た若ハゲ先生。
行きは、緊張してカチカチになったつるりを引きずる様にして部屋を出て行ったが、帰りはつるりを小脇に抱えてイチャイチャしながら戻って来たかわいい

その後も「いいな〜、この肌触り。離したくないよ〜」とラブラブ。
「何だったら、あげますよ」、と言いかけたが、やめておいた。
ヘアレス同士じゃ、絶対に陰で笑われるもんね。(←大きなお世話)

お薬を出してもらい、エプソムソルト(塩)で腫れた足を浸す様に指示を受けると、ふと、「あ、以前にもこんな風に足が腫れて、ここに来た事があった」と思い出した。
そうだ、去年アリに刺されたんだ。

いや、待てよ。あの時は自力で治したな・・・。
もしや、連れて来る程の事ではなかったのか?

内心チェッ、チェッと毒を吐きつつお会計。
165ドル。チ〜ン、ジャラジャラジャラもうやだ〜(悲しい顔)
つるりの足より、私の懐の方がずっと痛いじゃないかむかっ(怒り)

薬なんていらないんじゃないの?
豚足1.jpg
そんな悲しい顔するな。今もあんまり変わりないよ。

でも、家に帰ってこのブログで見てみると、去年のアリ事件とは別件で、今回と全く同じ症状が見つかった。
ブログにまで書いたのに、きれいサッパリ忘れていた私。
おととしの夏 → 獣医さんへ行く

この時も痛みはない様だったが、腫れが何日も引かず、お薬と塩水スパ(エプソムソルト)で治ったんだわ。
お薬も今回と同じ抗生物質 X 10日分。
しかも処置室で同じ様に針さされてウミが出るか調べて。
じゃ、やっぱり獣医に行って良かったのね。

ただ、今回は若ハゲ先生が、つるりに同情し、私の「痛がっていない」という主張を信じてくれなかった分、痛み止め(3日分36ドルむかっ(怒り))が余計にかかったのでした。

痛かったら可愛そう、という気持ちは有り難いけど。
強い痛み止め、飲ませるかどうするか迷うわ〜。

抗生物質入りのウィンナーだけ食べたつるりにクリックを〜
     ↓   ↓
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
年に1度、春から夏にかけて足を腫らす傾向があるらしい。

 

 
posted by えびし at 15:55| Comment(10) | 怪我、病気等 | 更新情報をチェックする

2013年01月06日

初アザ


今日は雨〜。

さむ〜。

・・・そして、そんな気候にとても似合わない鳥と遭遇・・・。
フラミンゴと.JPG
もちろんニセもの(飾り物)ね。

なんでこんな所に、フラミンゴかわからないけど。
なんか縁起よさそうな気もするわぁ。

フラミンゴと1.JPG

で、寒い中遊んでいたつるり、気は合うが、非常に激しい犬と出会った。
かなり荒い遊びだったので、相手の犬(つるりより大分大きい)の飼い主さんが心配して、何度か2匹を引き離そうとしていた。

つるりも荒いし、痛い思いすればすぐにショボンとして遊ぶのやめるから、放っておいて大丈夫ですよ〜、と声をかけて遊ばせておいた。
すると案の定、顔を踏まれて(!)キャインキャイン〜と戻ってきたつるり。

家に帰って見てみると、顔にアザができていた猫
イタイ.JPG
今年初の内出血〜。

新年あけて、今年はつるりも怪我しない様に気をつけよう、と思った矢先。
今年も奴の怪我は続くのか〜。

イタイ1.JPG

・・・それはアンタ次第。

出来れば少し控えましょう。
もぉいい年なんですから。

今年も懲りないつるりにクリックを〜
    ↓    ↓
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ

 
posted by えびし at 18:44| Comment(11) | 怪我、病気等 | 更新情報をチェックする

2012年09月25日

刺された

star01.gifstar01.gif
TAKAさんのブログで紹介されていた迷子ワンコちゃん(命名:銀次郎)
優しい一時預かりの方のお家で幸せそうにやっております手(チョキ)
現在、福岡県付近で、飼い主探しのチラシを貼って下さる方を募集中。
スーパーとか公民館とか、学校でも公園でも良いかも?近所に良い場所がある方、TAKAさんのブログからチラシが印刷できます。
もちろん、里親になりたい、という方もGO!
チラシのあるページ
銀ちゃん、とてもお気楽で、愛嬌のあるワンコです。顔がまたイイかわいい
star01.gifstar01.gif


昨日はお友達と河原で集合〜!

相手は、アジ友のミアちゃんとキャリーちゃん。

どっちもパワフルな犬種な上に、性格が非常にアルファ(ドミナント)なタイプ。
普段なら、お互いが近づかない様に細心の注意が必要な女子2匹である。

トキドキ火花バチバチで、ドキドキ。
犬を飼うという事.JPG

つるりはこの2匹とジャレて遊ぶワケではナイが、どちらの家来にもなる覚悟がある様で(?)、間をウロチョロしていた。
ミアちゃんもキャリーちゃんも、つるりの事は目に入っていない様子。
有り難い様な、淋しい様なたらーっ(汗)

水も冷たいのに、長い事ジャブジャブ遊ぶ3匹。
もちろん最初にブルブルしはじめたのはつるり。

タオルで拭いてやるも、体は氷の様に冷たくなっている〜。バカね〜。
犬を飼うという事1.JPG

今日は、写真が多いので、続きは[続きを読む]から。

でも、その前に押すのら〜
    ↓  ↓


 続きを読む


posted by えびし at 19:36| Comment(8) | 怪我、病気等 | 更新情報をチェックする

2011年09月24日

ツメの問題


つるりは現在、足が痛い事になっている。

以前より、つるりと私を悩ます「ツメ」が原因だ。


爪を切ったあと、爪の切り口が、隣の指に当たって擦り傷ができるのだ。
普通の犬なら足の指にも毛が生えているので、こんな事にはならないのだろうから、これもハゲの特典(?)、という事になるのか。

ツメ.bmp
左右どちらの足(前足だけ)にも起こり、たまに左右同時に発生する。
問題のツメにヤスリをかけても、ダメな時はダメ。

ほんの小さな(数ミリの)すり傷だが、多分人間で言うところの靴ずれみたいな感じなのか、一歩歩くのが苦痛っ・・・という感じで痛そうに歩き、ションボリしてしまうつるり。

あまりのみじめぶりが涙を誘う・・・。

以前は痛い足を触られるのを拒んだが、最近は「触ってもらうと痛いのが治る」と学んだ様で、私の所へ来て、痛い足を差し出す。
絆創膏を貼れば、その場で痛みはなくなり元気に走って去ってゆく。

とにかく擦り傷が癒え、ツメが当たらない様になるまで絆創膏を貼り続けるのだが、絆創膏が大好物なつるりには簡単な事ではない。
人間に貼ってある絆創膏だって、隙を見せれば取って食べたいつるり。
自分の目の前(前足)に貼ってある絆創膏(医療用紙テープとちり紙)を食べないワケがない。

貼っても貼っても食べられてしまう。


そこで登場するのが、不本意ながら靴下。

靴下犬.JPG


で、散歩をする時等は、靴下ではすぐに破れてしまうため、さらに不本意ながら、ブーツの登場となる。

ちなみに、つるりはブーツが大好き。
履かせると何故か興奮して普段より走りまわる。

犬ブーツ.JPG
(左右一緒に履かせないとキチンと走れない。)



昨日は雨が降った後だったので、つるりは、絆創膏→靴下→ブーツ、と万全な装備をして散歩に出かけた。

が、ブーツのせいで異様に興奮したつるり、ウィペットの子犬を相手に本気のレースに発展してしまい、最後にはブーツも靴下も絆創膏も振り落として走りまくり、傷が余計悪くなってしまったダッシュ(走り出すさま)

何という大バカ者むかっ(怒り)
痛い足.JPG

自分が悪い。


しばらくは靴下かブーツで外出になりそうだ。
あ〜あ。 また笑われちゃうねぇ〜・・・。

 
 

posted by えびし at 04:59| Comment(2) | 怪我、病気等 | 更新情報をチェックする

2011年08月12日

獣医さんへ行く


昨日は、まだ腫れの残っているつるりの足を見てもらうため、つるりの大嫌いな獣医さんに行った。
(獣医でもお店でも、知らない人が触りにくる所は怖い。でも、確実に上質のお菓子をゲットできる所は大丈夫な様子。) 


診察台の上に乗せた時点で、すでに石の様に硬直状態のつるり。
前に飼っていた犬達は、獣医さん大好きだったのになー。 


獣医さんは、プクッとふくれた前足を見て、「虫さされじゃこんなに長引かないだろうし、小さなトゲか何かが皮膚の下に埋まってて、膿んでいるのかも?」 と言って、つるりが忌み嫌う「恐怖の裏部屋」に、彼を連行して行った。


で、待つ事数分。 


気絶寸前になった(?)つるりを連れて戻ってきた獣医さんは、「腫れた指にちょっと穴を開けてみたが、膿みは出ずに血がちょっと出ただけ。腫瘍の様には見えないし、小さなキズから炎症起こしたと仮定して抗生物質を飲んで様子を見ましょう。」と提案。
10日間の抗生物質摂取中に、1日3回エプソムソルトで足を浸して、それでも悪化したり、直らなかったら、ちゃんと調べてみましょう、との事。  


そいじゃ、と部屋を出ようとするつるりを呼び止めた悪徳オニ獣医(根拠はナイ。)、「あ、混合ワクチンも期限切れてるよ。」。。。。

失神スレスレで立っているつるりは、無常にもブスリと注射もされてフラフラでしたが、なんとかチビらずに帰ってきました。  


家では、足を塩水(エプソムソルト)で浸され、ちょっとドキドキ、スパ気分。(?)

粋な感じに(?)、ワイングラス(プラスチック)で足浴。
Spa.JPG


勇敢だった(どこが?)つるたんに、今日から10日間、特別に1日2回ウィンナーを一切れあげるよ。 

抗生物質のカプセル入りのウィンナーをな。(ニヤリッ)

IMG_2041.JPG


こんな感じでも、何の疑いを持たずにパクッと食べてくれるから有り難い。
posted by えびし at 10:05| Comment(4) | 怪我、病気等 | 更新情報をチェックする

2011年08月06日

これじゃ痛くて飛べません


先日、山の中で遊んだ際、つるりの奴どうやら足の裏に怪我をした様です。

調べても何もないのですが、歩くと前足がビッコです。
暇さえあれば、足の裏をペロペロしています。

多分、小さな擦り傷で、きっと歩くたびに擦れて痛いのでしょうが、その情けなさったら・・・。
靴下をはかせると、途端に元気になるが、脱がすと即ションボリする。


先週は、連休でアジリティのクラスもお休みだったのに、この分では今週もお休みをしなければならなさそうです。



ガーン
痛い犬.JPG

 続きを読む


posted by えびし at 16:55| Comment(4) | 怪我、病気等 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。